18Feb 2019
しっかり計画を立てる
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 6年生の教室から

新学年が始まると、塾の日数が増える塾が多いでしょう。

もうこの時期から週5日塾に通うところもあるそうです。大変そう・・・。

で、そうなると当然生活のリズムが変わるし、何をどう勉強するのか、絞り込まないと時間が足りないだろうと思うのです。

ところが一方で塾の先生は新学年になって気合いを入れようと思うのか、いろいろと課題を増やす。しかも困ったことに各科目で先生が違う。だからみんながいろいろ言い始めるともう絶対に終わらない。

もともと時間だって足りないのです。

だからまずはしっかり計画を立てましょう。

具体的にどのくらいの時間があるのかをまず調べる。

次にやらなければいけないということを全部書き出してみます。そしてそれに優先順位をつける。

そして勉強する時間に当てはめてみると?

ほら、あまり入らないでしょう。

だから圧迫感が強くなっていくのです。時間が決定的に足りない、ということですから本当にやることを絞り込んでください。塾の先生と相談をした方が良い場合もあるので、お父さん、お母さんも計画づくりに手を貸してあげてください。


フリーダム進学教室無料体験実施中です。


今日の田中貴.com

志望校の選び方(3)


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

勉強を面倒だと思う子

中学受験 算数オンライン塾
2月18日の問題


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ村



WEB学習システムは2週間の無料体験ができます。以下のサイトからご体験ください。
https://ck.freedomsg.net/
最終更新日: 2/18/19, 1:12 AM
17Feb 2019
考える力を育てるには
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 6年生の教室から

考える力はどうやってつくのでしょうか。

私は一生懸命考えるから、力がつくと思っています。

ただ、たくさんの問題を考えればいいというのではありません。子どもが夢中になって、何とか解きたいなあと思いながらやっているとき、(逆に言えば、やらされていないとき)に考える力は伸びていると思うのです。

だから、総じて

やらせるだけでは力がつかない

という部分があるのではないでしょうか。

ノートにいろいろな図を描いたり、計算したりしている時、頭はそれこそ猛烈回転しているわけで、その瞬間に力がついている部分がある。

しかし、ただ課題を終わらせよう、ということになると、ちょっとだけ考えるフリをして、「あ、もうわかんない」になってしまう。

それで答えを見て、答えを写したところで、当然できるようにはならないのです。

本当に自分で考える時間を持てるかどうかで、決まります。

終わらせようとしている限り、なかなか力はつきません。




今日の田中貴.com

水溶液に関する問題


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

志望校の出題傾向に合わせる


慶應進学館から

習い事をやめない


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ村

最終更新日: 2/17/19, 2:10 AM
16Feb 2019
幼い男の子をどうするか
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 6年生の教室から

国語の読解についていえば、女子の方が男子よりもできる、というのが通説になっています。

まあ、多分データをとってみるとその通りになるだろうと思うのですが、しかし、なぜそうなるのか?ということについていえば、一般的な解説として出てくるのが精神年齢の問題。

これは中学生までで考えると精神年齢は女子の方が高い。これもまあ、その通りだと思うのです。だから共学校の場合概ね、中学は女子の方が強い。まあ、これも正しいように思います。

男子校の校長先生がよく話をされますが、

「この時期、精神年齢の高い女子にやっつけられることなく、男の子らしく育てるには男子校が良い。」というのもうなずけなくはない。

じゃあ、男子は幼くていいか、といえば、いや、そんなことはない。やはり、男子も精神年齢を上げていった方がそりゃあ、良いに決まっている。

では、なぜ男子は幼いか。

ここでやはりひとつ問題になるのは、やはりお母さんの「手」でしょう。つまり女の子に対して出る「手」に比べて、男の子に対する「手」あるいは「手数」が圧倒的に多いと思うのです。

例えば女の子はお母さんといっしょにキッチンに立っているかもしれない。しかし、男の子は?まずありえないでしょう。きっと。

つまり男の子はお母さんに手をかけられている。ということは自分でやらなくていい。自分でやらないのはラクチンですから、自分でやろうとしない。したがって「幼い」ということになる、わけです。

では対策はどうするか?

そう、お母さんが手をかけない、というのが正しい。しかし、そうすると忘れ物はするし、靴下は右と左と違うものを履いて、まったく気が付かない、みたいなことも起こるでしょう。きっと。

そういうのを見てられない、ではなく見てしまう…。とにかく自分でなんでもするように仕向ける。たとえ遅刻しようと、起こさない。自分で起きるまで何回も遅刻させる。

というような話をしたら、ある小学校では
「遅刻をしたら、必ず親が送ってきてください。」
と言われているとか。(あらら、それでは起こすしかなくなりますよねえ。送っていくのはもっと面倒だから。)

なかなか難しいことではあるものの、まずはそういうことを心がけてみるのはどうでしょうか。


フリーダム進学教室無料体験実施中です。


今日の田中貴.com

志望校の選び方(2)


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

上位校に合格して落ちこぼれる理由

中学受験 算数オンライン塾
2月16日の問題


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ村



WEB学習システムは2週間の無料体験ができます。以下のサイトからご体験ください。
https://ck.freedomsg.net/
最終更新日: 2/16/19, 5:31 AM