02Dec 2020
同じ所を間違える
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 6年生の教室から

しばらく時間をおいて、同じ過去問をやらせてみると、前回とあまり点数が変わらない、という場合があるでしょう。また、同じ所を間違えた、という場合もあるかと思います。

特に算数は、自分の解けそうなところから解いていくので、できるところは相変わらずできる、できないところはそのまま、という場合もあるでしょう。一度やったのだから、と思われるかもしれないが、それは解き方を覚えている部分があるので、本当の意味でその問題を解きあげた、ということとは少しニュアンスが違う。

その問題の解き方を発見したのではなく、「知識として解いた」部分があるので、点数が上がること自体はプラスではあるものの、解き方を覚えていないのが一概に悪いとも言えない。

というのも、そんなにすべての問題の解き方を覚えるわけにはいかないからです。もちろん公式的に処理することはできなければいけないが、ものの考え方はそこで見つけることができないといけないので、別に覚えていないからといってがっかりする必要もないでしょう。

自分で解き方を見つけるという意味においてできないのは、仕方がないところであり、それよりは「できるところを落とした」部分のチェックをしていった方が良いだろうと思います。

本来できるところを落としてしまうと、差をつけられてしまうので、これは合否に直接影響する。

「前回とあまり変わらない」とがっかりしがちですが、ミスが少なければそれはそれで良し、というところもあるのです。


今日の田中貴.com

子どもは暑がりだが

中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

子どもの受験

慶應進学館から

知らなければ教えれば良い

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ


最終更新日: 12/2/20, 12:26 AM
30Nov 2020
式を書ききる
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 6年生の教室から
子どもたちの算数の計算を見ていると、途中で暗算が始まって、最後まで答えを書くことなく次に進んでいる、なんて光景を目にすることがあります。

しかし、このやり方だと間違う可能性が高くなります。

なぜ式を書くのか?といえば、実はその場で見直すために書くのです。

自分の出した答えは間違っていないか、確認しないと次のステップにいっても正しい答えにならない。

今やっている計算が正しいと間違いなし、と確認して次に進まないといけないのです。

だからといってそんなに途方もなく時間がかかるわけではない。

筆算の答えを最後まで書くくらい、たいした時間ではないのです。それをはしょってかえってリスクを大きくしてしまっている。

何事も急がず、確実に進んでいけば、後からやり直さない分、早く終わるのです。


今日の田中貴.com

逆転は可能だろうか?

中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

スポーツを続けた子

慶應進学館から

知らなければ教えれば良い

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ


最終更新日: 12/1/20, 1:17 PM
28Nov 2020
帰国する子どもたち
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 6年生の教室から
海外で暮していて、中学進学と同時に日本に帰国する子どもたちは少なくありません。

小学校の時は海外でもいいが、中学に進むタイミングではやはり国内に戻した方が良い、と考える方が多いのでしょう。

実際に海外に赴任した後、ずっとその地で暮らせるわけではない。その地で大学まで、というわけにはなかなかいかないのです。

なので、このタイミングで帰ってくる子どもたちは多いのですが、コロナ禍で帰ってくるタイミングが大分前倒しになってきました。

というのもやはり2週間の待機は余儀なくされるからです。

その分家で勉強できるから、というのは確かにその通りなのですが、しかし、なかなか大変でしょう。

時差もあるので、今年はなるべく早く帰ってきた法が良さそうです。

今日の田中貴.com

酸化に関する問題

中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

いろいろやりたいことはあるが

慶應進学館から

総合的な判断

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ


最終更新日: 11/27/20, 9:38 PM