05Apr 2019
やることを絞る
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 6年生の教室から

6年生になると、いろいろやらなければいけないことが増えるでしょう。テキストも数種類あったり、計算のドリルがあったり、漢字のドリルがあったり。これから過去問が始まり、統計も読まないといけないし、秋には時事問題集も出る。

だから、いつも何かに追われているような気がするものです。で、いろいろ手を広げると、どこまでやったのかわかりにくくなる。だから達成感も感じない。

視覚から入る達成感は大事です。

例えば問題集も、ここまで終わったという印がわかれば、「結構頑張ったなあ」と思うでしょうし、暗記テキストもここまで覚えた、みたいなことが視覚的にわかれば、自信になります。

だから、なるべく勉強はシンプルに、手を広げすぎないようにすることです。たとえば算数の復習をやるのなら、このテキストだけにする、みたいなしぼりかたをしてください。その代わり、このテキストに載っている問題は全部できる、というようにしていった方が子どもたちの自信は育ちやすいのです。

計画を作るとき、まずは全部書き出してみて、そこから大胆に削ってしまうことが大事です。それでもこれだけは絶対にできるようにしよう、という項目は各科目1つずつは作っておきましょう。それがしっかりできるだけでも大分力は変わってくるはずです。


今日の田中貴.com

第371回 ウチの子に合う学校


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

空欄を作らない

中学受験 算数オンライン塾
4月5日の問題


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ村



WEB学習システムは2週間の無料体験ができます。以下のサイトからご体験ください。
https://ck.freedomsg.net/
最終更新日: 4/5/19, 5:16 AM
04Apr 2019
解説を読んだらもう一度やってみる
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 6年生の教室から


過去問を勉強するとき、当然、すべての問題が解けるわけではないので、解説を読む必要が出てきます。

最初から時間を計るよりも、すべての問題をやりきって、それでもわからないものはさらに時間をかけてみる。それでもわからなければ当然、解説を読んで理解を進めるべきなのですが、しかし、この解説が良くわからない、という場合が案外多いのです。

子どもたちが質問を持ってくるとき、解説は読んだのか聞いてみるのですが、一様にみんな「読んだ」というのです。でもわからない。

まあ、確かに解説によってはわかりにくいところもあるかもしれないが、最近の過去問集は割と細かく解説が載っているので、ある程度読めばわかるところがある。

だから、本当は解説が読めていないのだと思うのです。

なぜ、読めないか。

それは同じようにやってみていない、からだと思うのです。答えを見てフンフン、と読んでもなかなかピントくるものではないが、実際に解説をヒントにもう一度、その場で解くと割としっくりする。

あ、こういうことね、というようなことが実感できるはずなのです。

ただ、解説を読むだけでは、その実感がわかない。実際に過去問をやる以上に答え合わせには時間がかかるもの。

過去問をやって10分で答え合わせが終わる、みたいなことは本当はおかしいと思った方が良いでしょう。



今日の田中貴.com

競争の相手


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

1学期の学習計画を


慶應進学館から

多様性の危機?


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ村

最終更新日: 4/4/19, 5:38 AM
03Apr 2019
答え合わせはていねいに
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 6年生の教室から

答え合わせは、本当に大事な勉強のステップです。

問題を解いた、答えが合っている。これはまあ、いいでしょう。

でも答えが間違っているとわかって、答えを正解通り訂正して終わりにしては当然、いけない。

ここからが勉強の始まり、です。

なぜ間違えたのか?

こういう時に算数はちゃんと式を書いていることが大事で、最初から見直していく。

どこかで間違えたか、根本的に考え方が違うのか、その辺を吟味しないといけない。自分の間違いに気がつくのには結構時間がかかります。

当たり前ですが、自分は合っていると思ってやっているわけだから、「ここは合ってるよねえ。」と通り過ぎてしまう。

しかし、そこが違っていたりするのです。途中まではずっと合っていて、最後に式の写し間違いをする、なんてこともある。

あ、もったいない、はその通りですが、本番でこれをやると本当にもったいない。だから、これをどう防ぐかもやはり考えていかないといけないわけです。

だから答え合わせには本当は時間がかかる。

これから計画を作るとき、案外問題をやるのと同じぐらい、あるいはそれ以上に時間がかかる場合があるということを想定しておきましょう。


今日の田中貴.com

1発で正解を導く


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

摸擬試験は積極的に受ける

中学受験 算数オンライン塾
4月3日の問題


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ村



WEB学習システムは2週間の無料体験ができます。以下のサイトからご体験ください。
https://ck.freedomsg.net/
最終更新日: 4/3/19, 5:41 AM