11Oct 2019
タイマーを上手に使う
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 6年生の教室から

夜遅くまで勉強する、というのが受験勉強の典型みたいになってきているのですが、でも小学生はそんなに体力があるわけではありません。

だんだん疲れてくるが、疲れてくるのと同時に興奮もするので、眠れなくなる。

だから何となく起きていると言う子も出てくるわけですが、しかし朝から学校に行き、夕方から塾に行き、それで家に帰って遅くまで勉強って、それはなかなか身体がついていかない。

あまり長い時間やっていても、実は効率が上がっていない場合もあるのです。

小学生の勉強はやはり集中した時間をいかにつくるか、の方が大事です。

例えば40分なら40分と決めて、その間にこれだけの問題を解くとか。30分間でテキストの2ページを覚えるとか。

よくダラダラする子にはタイマーをかけて勉強させます。

30分でも集中できれば、それなりの力はついていく。逆に3時間やっても、全然という場合もあるから、やはり短時間で集中して勉強して、早めに寝るようにした方が良いでしょう。



フリーダム進学教室 無料体験のお申込はこちらから
http://ck.freedomsg.net/users/signup


Newフリーダム進学教室からのお知らせ

冬期講習のお知らせ

2019年度6年生後期授業案内

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
無料の学習相談も承っていますので、お子さんの学習でお困りのことがありまし
たら、お問い合わせください。
学習相談は中学受験について、すべて承っています。
お問い合わせはメールもしくはお問い合わせフォームよりお願いします。
メール info@freedomsg.net
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


今日の田中貴.com

人間は悲観的になりやすい

受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

受験勉強にストレスはつきものだから

慶應進学館から

調査書の影響

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ村

最終更新日: 10/10/19, 8:39 PM
09Oct 2019
強気で進む
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 6年生の教室から

これから6年生は子どもたちのデータがたくさん出てきます。偏差値や合格可能性を見ていると、安心してみてられる、という場合は残念ながらそれほど多くはありません。成績が良い子どもたちでもやはり上下動はある。まだ小学生ですから、そういう意味では安定しない部分はやはり高校生や中学生に比べればあるのです。

そういうデータをいろいろ見ているうちに、お父さん、お母さんも強気になったり弱気になったりする。もしかすると全部合格するかも、と思ったり、安全校を落としたらどうしよう、と心配になったり。

親というのはいつまでたっても子どものことは心配なのです。だから不安になって当たり前の話。それをおかしいと思ってはいけません。ただ、学校選びの場合は強気と弱気はやはり共存するべきだと思っています。つまり挑戦して合格できればいいな、と思う学校はあっていいし、ここはしっかり合格を取りたいと思う学校もあるべきなのです。そして、そのひとつひとつについて、これからもまた強気、弱気が出てくるのだけれど、ある意味本当によく考えて、よしこれで行こう、と決めたらもう迷わないことです。

いったん変え始めるときりがない。データだってこれからたくさん出てくるわけだから、良い話ばかりではないだろう。でも、それでももうここまで考えたのだから、これで行こう、という事で良いのだと思います。

第一志望が決まり、それ以降の受験校も決まれば当然、過去問もやるし、学校別の対策をするわけで、それがすぐ変わってしまうと、対策も過去問も変わるわけだから、準備がより大変になるのです。だからもうこれで行こう、と決めてあとはしっかり対策を進めていくことが大事。

ポイントは安全校になるので、そこをしっかり決めて後は強気でいきましょう。

フリーダム進学教室 無料体験のお申込はこちらから
http://ck.freedomsg.net/users/signup


Newフリーダム進学教室からのお知らせ

冬期講習のお知らせ

2019年度6年生後期授業案内

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
無料の学習相談も承っていますので、お子さんの学習でお困りのことがありまし
たら、お問い合わせください。
学習相談は中学受験について、すべて承っています。
お問い合わせはメールもしくはお問い合わせフォームよりお願いします。
メール info@freedomsg.net
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


今日の田中貴.com

内閣に関する問題

受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

入試は僅差の勝負になりやすいから

慶應進学館から

中等部の出題レベル

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ村

最終更新日: 10/9/19, 5:39 AM
07Oct 2019
うるせえなあ
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 6年生の教室から
この時期、子どもたちのいろいろな暴言を聞いて頭に来ていませんか?

まあ一番多いのは「うるせえなあ」でしょうが、それに類する言葉を割と発しているのではないかと思うのです。まあ、そのころの子どもの気持ちを思い出してもらえれば、何となくわかってもらえるのではないかと思うのですが、「させられる」ことに対して何か束縛感を感じるものなのです。

そうすると、「~しなさい」と言われることに腹が立つ。

小さいときに同じことを言うと、割と素直に聞いてくれていたかもしれません。そのころは子どもたちにあまり自信がないのです。しかしこの時期にくると、すでに感じ方が違っている。で、受験勉強というのはいろいろ我慢しなければいけない。

そこへきて「ああしろ、こうしろ」と言われているので、もう、いいかげんいやになっている感じなのです。

しかし、本人だって入りたい。合格したいとは思っているのです。だからがんばらないといけないのもわかっているわけで、それを自分でやるようにしないと、いずれにしてもうまくはいかない。

だから、あとはほっておく、ということでよいのではないでしょうか。

「やらなくていいの?」「うるせえなあ」「あ、そう」でおしまい。

あとは本人がやらないといずれにしても、入る力はつかないのです。そんなことがわからないようであれば、いずれにしても落ちる。

あまりに何とかしよう、と思わないことです。ここでバトルになるよりは、本人に任せましょう。そろそろそういう時期に入っていると思います。

フリーダム進学教室 無料体験のお申込はこちらから
http://ck.freedomsg.net/users/signup


Newフリーダム進学教室からのお知らせ

冬期講習のお知らせ

2019年度6年生後期授業案内

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
無料の学習相談も承っていますので、お子さんの学習でお困りのことがありまし
たら、お問い合わせください。
学習相談は中学受験について、すべて承っています。
お問い合わせはメールもしくはお問い合わせフォームよりお願いします。
メール info@freedomsg.net
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


今日の田中貴.com

そぎ落としたいが

受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

スポーツを選んだ子

慶應進学館から

普通部算数、問題番号に惑わされない

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ村

最終更新日: 10/7/19, 1:08 AM