05Oct 2019
6年生、今月の模試のテーマは?
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 6年生の教室から

入試は、その時の点数で決まります。

当たり前ですが、後からできても加点されない。入試でできていなければ、残念だったねえ、というだけの話になってしまう。

だから、試験当日にできるようにすることが必要なのです。

これからまた今月の模擬試験が各塾でありますが、とにかく「がめつく」点数を取る必要がある。

1点でも多く取り、ミスは1問でも減らす工夫が求められている。

ここまで勉強してくると、ある程度まではできるようになっているが、それが「完全にできる」というところに行かないといけないわけで、そのための練習をしっかりしていかないといけない。

できる子どもたちもミスはするのですが、それでも彼らは試験中に修正する術を持ち合わせている。問題を確認したり、自分の計算を見直したり、いわゆるルーティンをちゃんと行っているから間違えないのです。

いかに間違えないか、ということを今月はテーマにしていきましょう。

フリーダム進学教室 無料体験のお申込はこちらから
http://ck.freedomsg.net/users/signup


Newフリーダム進学教室からのお知らせ

冬期講習のお知らせ

2019年度6年生後期授業案内

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
無料の学習相談も承っていますので、お子さんの学習でお困りのことがありまし
たら、お問い合わせください。
学習相談は中学受験について、すべて承っています。
お問い合わせはメールもしくはお問い合わせフォームよりお願いします。
メール info@freedomsg.net
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


今日の田中貴.com

中和に関する問題

受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

子どもに根拠のない自信は必要

慶應進学館から

慶應湘南、遠いから落ちる?

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ村

最終更新日: 10/5/19, 4:54 AM
03Oct 2019
正確に覚える
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 6年生の教室から

この時期、たくさんのことを覚えていくわけですが、たくさん、ということもあり、急いでいる、ということもあって、正確さに×ところが出てきがち、です。

何となくこうだろう、という感じで覚えると、漢字を間違えていたり。

本人が、こうだ、とすでに覚え違いをしているところもあるかもしれません。

本人も忙しいのだから、答え合わせをやってあげる、というのも悪い方法ではない。

本人が自分で勝手に○をつけてしまうところも、親が見ていると「漢字が違う」とか、「年号の10の位と1の位が違う」とか、そういうことが見つかるものです。

誰も、「え、20年そう覚えていた」というようなことはあるもの。しかし、それでは点数が取れないので、覚えた内容をチェックしてあげると、良いでしょう。

ただし、「やさしく」、お願いします。


フリーダム進学教室 無料体験のお申込はこちらから
http://ck.freedomsg.net/users/signup


Newフリーダム進学教室からのお知らせ

冬期講習のお知らせ

2019年度6年生後期授業案内

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
無料の学習相談も承っていますので、お子さんの学習でお困りのことがありまし
たら、お問い合わせください。
学習相談は中学受験について、すべて承っています。
お問い合わせはメールもしくはお問い合わせフォームよりお願いします。
メール info@freedomsg.net
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


今日の田中貴.com

第397回 納得のいく安全校を見つける

受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

スランプという言葉は使わない

慶應進学館から

タイガージャージを身につけるには

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ村

最終更新日: 10/3/19, 5:34 AM
01Oct 2019
家でもていねいに
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 6年生の教室から

家で過去問をやっているとき、というのは、そこまでプレッシャーがかかっているわけではない。この状況は二つの結果を生みます。

一つは、非常に良くできる。プレッシャーがかからないから、自分でも良く問題が読めたり、解き方を思いついたりする。つまりのびのび解いている、と言えるわけです。

一方で、まったく緊張感がない、という解き方もあり得る。

「あ、また間違えちゃった」

「ここで、計算違いだ」

みたいな話を聞くと、やはりこれは練習になっていない、という気がします。

大丈夫、本番はちゃんとやるから、といってできることはまずない。

普段からある程度本番のようにていねいに練習をしないといけないのです。

模擬試験はそれでも結果が出るから割とていねいに解いているはずなのですが、それでもたくさんミスがでているでしょう。

まして、気持ちが緩んでいたらミスのオンパレードになってしまう。

だから普段からとにかくていねいに解く、という姿勢を貫いてほしいと思います。


フリーダム進学教室 無料体験のお申込はこちらから
http://ck.freedomsg.net/users/signup


Newフリーダム進学教室からのお知らせ

冬期講習のお知らせ

2019年度6年生後期授業案内

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
無料の学習相談も承っていますので、お子さんの学習でお困りのことがありまし
たら、お問い合わせください。
学習相談は中学受験について、すべて承っています。
お問い合わせはメールもしくはお問い合わせフォームよりお願いします。
メール info@freedomsg.net
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


今日の田中貴.com

まだこれができないの?

受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

暗記テキストに載っていない!

慶應進学館から

自分のミスに気づけるか

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ村

最終更新日: 10/1/19, 4:28 AM