19Mar 2019
4種類の問題分類
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 6年生の教室から
フリーダムの算数は全部で4つの問題分類があります。

1つは例題。これは講師がその回期の典型的な問題を解説するもの。
そして類題。例題の数字換え問題で、動画授業がわかったかどうかを確認する問題。
つづいて基本チェック問題。これはその回期の基本問題を集めたもの。
そして確認練習問題はその応用編、となっています。

で、まずやり方を習い、練習して、自分で実践する、という流れが基本チェック問題までの流れ。

その後の確認練習問題は、習ったことを土台にして応用問題を自分で考えるわけですが、基本チェック問題までは順調でも、確認練習問題は手こずることが多いのが普通です。

しかし、ここでできないからといって基本に戻るのは間違い。なぜならばできていることが多いからです。もともと基本問題と応用問題ではその構造が違います。

応用問題はいくつかの論理が重なってできています。まずAという考え方があって、そこから出てくる答えをBという考え方を使って時、さらに出てきた答えをさらにCという考えで解き進める、というようなイメージでしょうか。

基本問題ではA、B、Cがそれぞれ単独として成り立っているが、応用問題の場合はそうなってはいない。

だから基本問題はできても、応用問題はできない、ということは当然あり得るわけです。

だから応用を勉強しないといけない。

できないからといって簡単にあきらめさせません。スタディールームオンラインで見ているときも割と時間をかけることにしている。そして少しずつヒントを出します。

途中で「アア・・・」とわかることが多い。

そして自分で理解したことが実感できると、それは本当にわかったことにつながります。

基本ができたら、後戻りせず、応用問題は粘り強く考えてください。


フリーダム進学教室無料体験実施中です。


今日の田中貴.com

まず量を書けるようにする


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

自分で勉強することを習慣化するには


慶應進学館から

なぜ生物の問題が多いのか


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ村

最終更新日: 3/19/19, 5:22 AM
18Mar 2019
知識を覚える練習
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 6年生の教室から


これから、知識を覚えることが多くなってきます。

地理もすでに勉強してから1年のブランクが空いているから、やり直さないといけないことはたくさんあるでしょうし、歴史、公民と出てきているから、どんどん覚えないといけない。

理科も理科計算のテーマが続いています。これは、算数の比や割合が出てきてからでないとできないからなので、それまでただ覚えることばかりが多かったでしょうが、もう忘れてしまっているところがたくさんあるでしょう。

で、自分はこう覚える、という方法論をそろそろ見つけておいて欲しいと思います。

暗記カードを使って覚えていく、というのでもいいし、それがスマホのアプリになっているから、お父さんやお母さんに手伝ってもらって、それで繰り返すという手でもいい。

暗記カードは書店で売っていることもあるし、また、参考書で赤い透明シートがついて売っているものがあるから、これを使ってノートに赤い字で書いて覚えるようにしてもいいでしょう。

自分で一番やりやすい方法を編み出してほしいのです。入試問題の中には知らないと解けないものがいっぱいあります。逆に知っていればできるわけだから、覚えられるものならどんどん覚えた方が良いに決まっている。

最終的に暗記は後半に集中することになるとは思うのですが、今からあるテーマを決めて覚える練習をしておいてほしいと思います。


フリーダム進学教室無料体験実施中です。


今日の田中貴.com

親の我慢


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

行動が遅い子

中学受験 算数オンライン塾
3月18日の問題


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ村



WEB学習システムは2週間の無料体験ができます。以下のサイトからご体験ください。
https://ck.freedomsg.net/
最終更新日: 3/18/19, 3:45 AM
17Mar 2019
目標を細分化する
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 6年生の教室から
春休みが終わると夏休みまで、それほど大きなペースの変化がなく、毎週淡々とカリキュラムが続いていきます。

だから組み分けテストや模擬試験もつい、偏差値だけ、順位だけ、を見てしまう傾向になりがちです。本当はもっと細かい目標を立ててやる方が良い。

せっかくカリキュラムが早く終わったのであれば、学校別の対策を少しずつ盛り込んでいくのもいいでしょう。

例えば国語の問題をていねいに解いていくとか。あるいは、算数の問題を毎週3問ずつ解いていくとか。

まだこの時期、時間を計ってやってしまうと、全部の問題ができないことが多いので、時間を気にせず解いていく方が良いのです。

途方もない目標は立てる必要はありません。むしろ毎月、具体的な目標を作り、クリアしていくことで、淡々としたペースにメリハリがついてくる。

合格手帳もぜひ利用してください。

4月から全部で13週ありますので、この13週を充実した時間にしてもらいたいと思います。

そういう目標を毎月しっかり立てていきましょう。

フリーダム進学教室無料体験実施中です。


今日の田中貴.com

第一志望の学校別傾向から受験準備を考える


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

子どもの志望校が思わず高かったとき


慶應進学館から

男子の3校受験


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ村

最終更新日: 3/17/19, 1:10 AM