06Nov 2019
組み分けの試験対策をしない工夫
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 5年生の教室から

長く塾に行っていると、組み分けに対する適応が過ぎてしまうことがあります。

組み分け試験の傾向と対策に対して思わず熟知していたりする。

最近はいろいろなものが売っています。ある塾の組み分け試験の予想問題というのもあるし、OBのご父兄が過去問を売っていたりする。

学校ならその対策もわからないわけではないが、塾の組み分けに対してはあまり過度に適応しない方が良いでしょう。

それよりは、特に何の対策をしなくとも、クラスは維持できる、という方が良いのです。

それには、どうすれば良いか。

授業で吸収する力をあげること。そして国語と算数の力をつけること。この2点です。

国語は、漢字は別として、やはり読解問題が中心になる。ちゃんと文章を読んで設問に答えられれば、当然対策をせずとも点数はとれるでしょう。算数も同じこと。授業で吸収して、出題された問題自身をしっかり分析して、解き明かすことができれば別に対策をしなくてもいいはずです。

実際に上位の子どもたちは大した対策もせずにクラスを維持しているのです。

でもウチの子にはできないから、と考えがちなのですが、本当にそうでしょうか?

むしろ小手先に逃れて王道の勉強方法に進まないから、かえってできるようになっていないかもしれません。

まずは、小手先の点数稼ぎをやめて、じっくり問題に向き合えるようにしてみてください。案外その方が良い結果を生むものです。







Newフリーダム進学教室からのお知らせ

冬期講習のお知らせ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
無料の学習相談も承っていますので、お子さんの学習でお困りのことがありまし
たら、お問い合わせください。
学習相談は中学受験について、すべて承っています。
お問い合わせはメールもしくはお問い合わせフォームよりお願いします。
メール info@freedomsg.net
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


今日の田中貴.com

ウチの子の力はどのくらいか

受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

パパ奮闘中

慶應進学館から

普通部の生物はなぜ難しいのか

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ村

最終更新日: 11/6/19, 12:33 AM
04Nov 2019
文章を読む力
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 5年生の教室から

最近の入試では国語ばかりではなく、社会や理科の文章もどんどん長くなっています。

国語は物語文だけで良い、という学校も現れましたが、その分ちゃんと、社会や理科の問題文が長くなっている。

「理科社会で、説明文の読解の試験をやっているようなものだから、国語は物語文だけで良い」と考えている学校もあるようです。

だから、5年生のうちからしっかり国語の読解力はつけていった方が良い。

これから小学校は英語正課の時代に入り、英語の成績がつくようになりますが、しかし、小学校で問える英語力には限界があるので、なかなか一般の入試には入りにくい。

それこそ英検2級ぐらいの力のある子ならとっても良いが、そうでなければやはりしっかりした読解力、記述力をもった子をとろうと思っている学校がほとんどです。

今、あまり忙しくて本を読めていない、というのは本当のことを言うとあまり良くない。国語の授業は受けているわけですが、これはやはり読書とは違います。長い文章をしっかり読めるようになるには、やはりそれなりの練習がいる。

入学試験合格のためには、塾の勉強に優先してやらなければいけないこともあるのです。

子どもたちに十分本を読める環境を作ってあげてください。


Newフリーダム進学教室からのお知らせ

冬期講習のお知らせ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
無料の学習相談も承っていますので、お子さんの学習でお困りのことがありまし
たら、お問い合わせください。
学習相談は中学受験について、すべて承っています。
お問い合わせはメールもしくはお問い合わせフォームよりお願いします。
メール info@freedomsg.net
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


今日の田中貴.com

集中的に弱点を補強する

受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

本気を出し始めた子

慶應進学館から

面接は両親が揃わないといけないのか?

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ村

最終更新日: 11/4/19, 4:05 AM
02Nov 2019
まず算数をがんばる
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 5年生の教室から

スタディールームの1週間の推奨コマ数は6コマですが、そのうち3コマは算数です。

国語、理科、社会は1コマなのに算数が3コマになっているので、算数の勉強量は多いと思います。この理由は算数が合否を決める上で大きな比重を持っているからです。

算数ができれば、合格する、とは限らないものの、算数ができなければ合格しない、のは間違いないのです。

算数は科目の特質上、1問の配点が高いのです。問題数が多いと言われる学校でも小問出題数は20題前後。つまり1問は5点ということになりますが、それ以外の教科は小問について1点から2点というところが多いのです。

ということは算数の失点を他教科でカバーするのは大変です。他教科の失点を算数でカバーすることは可能かもしれませんが、算数の失点を他教科でカバーするのはなかなか難しい。国語や理科社会の知識問題はそれほど大きな差がつかないからです。

なので、学校別に入るまでの間、フリーダムでは算数に学習の半分の時間をかけます。算数ができるようになれば、あとの教科を最後に詰めていくのは比較的簡単なのです。

5年生のうちは、組み分けテストで4教科のバランスを考えがちですが、やはり算数をがんばってください。


Newフリーダム進学教室からのお知らせ

冬期講習のお知らせ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
無料の学習相談も承っていますので、お子さんの学習でお困りのことがありまし
たら、お問い合わせください。
学習相談は中学受験について、すべて承っています。
お問い合わせはメールもしくはお問い合わせフォームよりお願いします。
メール info@freedomsg.net
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


今日の田中貴.com

まだ伸びる、まだやれる

受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

WEB出願

慶應進学館から

展覧会、文化祭の印象をメモに残しておく

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ村

最終更新日: 11/2/19, 6:38 AM