02May 2018
算数3コマの理由
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 5年生の教室から
=============================================================
慶應進学オンラインについて
=============================================================

スタディールームの1週間の推奨コマ数は6コマですが、そのうち3コマは算数です。

国語、理科、社会は1コマなのに算数が3コマになっているので、算数の勉強量は多いと思います。この理由は算数が合否を決める上で大きな比重を持っているからです。

算数ができれば、合格する、とは限らないものの、算数ができなければ合格しない、のは間違いないのです。

算数は科目の特質上、1問の配点が高いのです。問題数が多いと言われる学校でも小問出題数は20題前後。つまり1問は5点ということになりますが、それ以外の教科は小問について1点から2点というところが多いのです。

ということは算数の失点を他教科でカバーするのは大変です。他教科の失点を算数でカバーすることは可能かもしれませんが、算数の失点を他教科でカバーするのはなかなか難しい。国語や理科社会の知識問題はそれほど大きな差がつかないからです。

なので、学校別に入るまでの間、フリーダムでは算数に学習の半分の時間をかけます。算数ができるようになれば、あとの教科を最後に詰めていくのは比較的簡単なのです。

5年生のうちは、組み分けテストで4教科のバランスを考えがちですが、やはり算数をがんばってください。
=============================================================
フリーダム進学教室学校別入試対策説明会のお知らせ
=============================================================


フリーダム進学教室 新連載 学校訪問シリーズ
New第3回 桐光学園

今日の田中貴.com
第323回 この授業は本当に必要か


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
まず狙う

慶應進学特別から
出題のレベルをつかむ






最終更新日: 5/3/18, 5:55 AM
28Apr 2018
「あれ?さっきやったのに・・・・・・」ー金原 崇ー
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 5年生の教室から
=============================================================
フリーダム進学教室学校別入試対策説明会のお知らせ
=============================================================

国語・社会という科目の性質上、知識の暗記は避けて通ることができません。

授業の中で「では、問題です」といきなり問題を出して復習として確認するようにしています。

先日、こんなことがありました。

前回の授業で「来週までにこの20個覚えてきてね。来週聞くからね。」とあえて予告をしました。そこで、前回の授業で不正解だったものから5つ選んで授業の前に別紙に問題を作って、授業の冒頭で出しました。

「 あれ?さっきやったのに・・・・・・ 」とばつの悪そうな顔に。

結局、答えられたのは1つ。

ここで問題なのは正解が1つだったということではなく(まぁ1週間かけて1つというのがよいわけではないのですが・・・・・・)、本人の「さっきやったのに」という言葉です。

授業が始まる直前にまずいと思ってやったのでしょう。でも、やったばかりでもできなかったわけですから、そんな簡単に覚えられないのだということを感じてくれれば無駄ではないので、どうすればいいのかという話をしました。

多くの5年生は、まだ自分がどんなことにどれだけの時間がかかるか、どんな癖があるかなど自分自身の特徴はわからないものです。だから、失敗から何を学ぶかが大切なのです。失敗を学びの場に引き上げるのがまわりの大人の役目なのです。決して失敗を責めることではありません。

合否はがんばったかどうかではなく、自分がしっかり得点することで決まります。シビアかもしれませんが入試とはそういうものです。だからこそ、本人が「やった」ということで満足せずに、自分のペースでもよいので「できた」にこだわることが大切なのです。

ゲームの攻略本を読んでアイテムなどを一発で覚えられるのと同じように、すべての知識の暗記も一発で覚えようとしてはいけないのです。 例えば、興味のある歴史はすぐに覚えられる、興味のない地理はなかなか覚えられないという差が生じるように、 興味のあるなしで吸収スピードや定着度合いが全く違うのです。

ですので、自分の力で何も見ずに正しくできるのかという視点で、日々少しずつ繰り返して暗記に取り組んでほしいと思います。結果として、その方が覚えたものの定着はよいのです。


フリーダム進学教室 新連載 学校訪問シリーズ
New第3回 桐光学園

今日の田中貴.com
教えるのを我慢する


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
基礎を固めて、応用の枝葉は学校別傾向で伸ばす

慶應進学特別から
問題がやさしいとき






最終更新日: 4/29/18, 5:55 AM
27Apr 2018
分数の計算
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 5年生の教室から
=============================================================
慶應の算数、特別授業のお知らせ
=============================================================

割合や比に進む前に、まずは分数の計算が自在にできる必要があります。

すでに分数という概念のところに割合の考え方が入ってくるわけですが、しかし、まあ、そういうこととは別に通分、約分などのルールが自在に使いこなせるようになっていないといけない。

ところが、塾でこれを習うことはあまりない。さらっと説明されて、あとは練習しなさい、ということになるのですが、この練習に個人差が出る。

ちゃんとやっている子もいれば、そうでない子もいるし、最初からできるという子もいるから、当然差が出てくる。

また分数に割り算で、分子と分母をひっくり返してかける、ということに違和感を感じる子もいます。気持ち悪い。なぜ、ひっくり返してかけるのか?

こういう疑問を持つ子はひとつの才能を持っているわけですが、しかし、こと計算練習をする、ということに関して言えばあまり積極とはいえないところがある。

まあ、誰しも計算の練習はいやなのです。

しかし、こればかりは先先本当に必要になるので、しっかり練習してください。

ただ1回にたくさんやろうとすると、うまくいかないことが多い。こういうものは小分けにして、毎日ちょっとずつやっていくのが正しいのです。で、計算練習のコツはゼッタイに間違えないこと。

この答えはゼッタイに合っている、という答えの出し方を練習するといいのです。なに、ただ確認をすればいいだけ。確認して、うん、間違っていない、ということで先に進む。

たくさんやったって間違いだらけでは意味がありません。確実に正解を出す、という練習をしてください。

=============================================================
フリーダム進学教室学校別入試対策説明会のお知らせ
=============================================================

フリーダム進学教室 新連載 学校訪問シリーズ
New第3回 桐光学園

今日の田中貴.com
酸素に関する問題


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
学校別入試対策説明会

中学受験 算数オンライン塾
4月28日の問題






最終更新日: 4/28/18, 5:55 AM