20Jan 2019
算数3コマ 推奨の理由
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 5年生の教室から
スタディールームの1週間の推奨コマ数は6コマですが、そのうち3コマは算数です。

国語、理科、社会は1コマなのに算数が3コマになっているので、算数の勉強量は多いと思います。この理由は算数が合否を決める上で大きな比重を持っているからです。

算数ができれば、合格する、とは限らないものの、算数ができなければ合格しない、のは間違いないのです。

算数は科目の特質上、1問の配点が高いのです。問題数が多いと言われる学校でも小問出題数は20題前後。つまり1問は5点ということになりますが、それ以外の教科は小問について1点から2点というところが多いのです。

ということは算数の失点を他教科でカバーするのは大変です。他教科の失点を算数でカバーすることは可能かもしれませんが、算数の失点を他教科でカバーするのはなかなか難しい。国語や理科社会の知識問題はそれほど大きな差がつかないからです。

なので、学校別に入るまでの間、フリーダムでは算数に学習の半分の時間をかけます。算数ができるようになれば、あとの教科を最後に詰めていくのは比較的簡単なのです。

5年生のうちは、組み分けテストで4教科のバランスを考えがちですが、やはり算数をがんばってください。

フリーダム進学教室では新年度の無料体験学習を受け付けています。単科のオンライン個別指導も承っていますので、詳しくはお電話でお問い合わせください。
電話045ー530ー5480(受付時間:平日13時~19時)

全国どこでも、自宅でできるオンライン個別指導「スタディールームオンライン」


今日の田中貴.com

気象に関する問題


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

インフルエンザに注意!!


慶應進学館から

入試問題を予想する


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ村

最終更新日: 1/20/19, 5:27 AM
19Jan 2019
学習履歴をデータ化する意味
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 5年生の教室から
WEB学習システムでは、問題演習の答えを入力して答え合わせをします。

答えを入力して、採点ボタンをおせば正解不正解がわかり、解説も出てくるわけですが、解答を見て答え合わせをするよりは若干時間がかかるかもしれない。しかし、その手間のおかげで子どもたちの学習履歴が、データ化されていきます。

これは毎日たまっていく。勉強すればするほど、何ができて、何ができないのかが整理されていくのです。

毎日同じ問題演習をしていたとしても、その履歴を残すかどうかで、その先の効率が一気に変わってきます。

もちろん一旦できた問題があとでやるとできないこともあるでしょう。

しかし、同じテーマの問題演習が1回しか出てこないわけではありません。演習でも学校別でもいろいろ出てくるから、その1問1問を登録していくと、実際に何が得意で、何が不得意なのか、蜘蛛の巣グラフは明確に表してくれます。

その結果が最後の追い込みで明確に活きるようになっています。正解率が低い分野を徹底的にやり込めば良いのです。

赤いランプがやがてグリーンに変わってくれば、その分野は克服できたということがはっきりするわけです。

今、やっている問題演習を後で役立てるために、WEB学習システムをぜひ利用してもらいたいと思います。

2週間フル機能を体験できます。以下のページから体験してみてください。

フリーダムWEB学習システム

今日の田中貴.com

人のことはどうでもいい


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

同じ問題ばかりを繰り返すな


中学受験 算数オンライン塾
1月19日の問題


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ村



WEB学習システムは2週間の無料体験ができます。以下のサイトからご体験ください。
最終更新日: 1/19/19, 4:15 AM
17Jan 2019
プロを目指す子どもたち
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 5年生の教室から

ここのところ小学生がいろいろな分野で活躍するようになってきています。

先日は、小学校4年生の女の子が囲碁のプロになりましたが、将棋の世界でもプロを目指す子どもたちは多いし、野球、サッカー、ラグビー、いろいろなスポーツでプロやオリンピックを目指している小学生も多いのです。

プロになるのは大変ではあるものの、スポーツは確かに若いときでないとそこまでにはなかなか上達しないし、今のトップアスリートというのはジュニアからやってきている選手がほとんどなので、小学生のときにいかにしっかり育成していくかということが大事になる。

で、そういう子どもたちが中学受験を考えるとき、あくまで競技主体になるから、これまで聞いてきた選択肢からは大きく違ってきます。

例えばAという学校とBという学校があって、普通はAという学校に行くだろう、と思っているわけですが、話を聞いてみるとBの方に行きたい。

なぜ?と聞けばやはり育成に対する対応が全く違うから、ということになる。

最近は中学生のジュニア時代に部活には入らず、クラブチームで練習するという場合もあるのですが、そうなると部活が内申に関わる公立よりも私立の方が進学にはいいという考えも出てくるので、中学受験も十分に考えなければいけないところではあるのです。

スポーツばかりでなくいろいろな競技や技能を身につけていく小学生はここのところ多いので、フリーダムでもいろいろな対応ができるようにしていきたいと思っています。



WEB学習システムは2週間の無料体験ができます。以下のサイトからご体験ください。


フリーダムWEB学習システム

今日の田中貴.com

範囲がない試験で点数がとれない5年生


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

僅差の勝負はミスとの戦い


中学受験 算数オンライン塾
1月17日の問題


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ村

最終更新日: 1/17/19, 5:36 AM