31Jan 2020
親のご褒美
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 6年生の教室から

いよいよ明日、東京、神奈川の入試がスタートします。

みんなそれなりにがんばってきました。

そして明日以降、子どもたちは自分がこれまで培ってきた力で入試に挑むのです。その姿をしっかり見ていてあげてください。

結果は自ずとついてくる。

親としては結果が出たところで、次に導くことを考えていればいいのです。

今は子どもがどれだけがんばったのか、見届けましょう。

ひとり、ひとりがその目標に向かって、自分の力で挑むのです。

成長したなあ、と実感する場面がたくさんあるでしょう。

それが親のご褒美なのです。



<


【NEW!】フリーダム進学教室からのお知らせ

2020春期講習のご案内


【NEW!】フリーダム進学教室からのお知らせ

2020 合格手帳2ー3月号を差し上げています。 無料です。
2020合格手帳2ー3月号申し込み【新5・6年生用】

【NEW!】フリーダム進学教室からのお知らせ

お母さんが帰ってくるまで、先生とオンラインで文章読解の練習をしよう

フリーダム進学教室新5年生国語読解コースのご紹介です。
新5年生国語読解コース


今日の田中貴.com

1スケジュールの確認を怠りなく


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

算数のミスを防ぐ最も効果のあるルーティン

慶應進学館から

普通部、中等部は昨年並み


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ村

最終更新日: 1/31/20, 5:17 AM
30Jan 2020
合格の仕方はいろいろある
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 6年生の教室から
ある子は、算数の試験が終わったとき、「満点かもしれない」と思ったそうです。

実にうまく、きちんと考えて答えを出した。しっかり問題も読めたし、確認もしたし。

たまにうまくいくことはあるものだが、それがたまたま第一志望の入試だった。もちろん合格でした。

ある子は、算数の試験が終わったとき、落胆した。

全然できていない。いや、確かに答えは書いたけれど、確信は持てないし、しかも空欄が多い。

後ろから回ってきた答案を見ると、見事に答えが書いてある。やはりできる子はいるんだ。

しかし、結果としては自分が合格し、後ろの子は不合格であった。

つまり、手応えがあっても手応えがなくとも合格するときは合格する。手応えがなくても、みんなができなければ、合格点は下がるから、当然合格する可能性は出てくるわけです。

だから、自分の手応えとは別に、最後までしっかりやりきることが大事

結果は出るまでわからない。だからどういう手応えだろうと1点でも多く取ろう、と考えて実行すれば良いのです。

休憩時間、「あれは簡単だった」などという話はもう気にしないことです。どういう手応えでも合格するときは合格するのだから。

それよりは、最後の最後までしっかり考えて、ベストの試験にしましょう。


スタディールームオンラインの無料体験は以下からお申込いただけます。

スタディールームオンライン無料体験申し込み


【NEW!】フリーダム進学教室からのお知らせ

2020春期講習のご案内


【NEW!】フリーダム進学教室からのお知らせ

2020 合格手帳2ー3月号を差し上げています。 無料です。

2020合格手帳2ー3月号申し込み【新5・6年生用】


今日の田中貴.com

納得のいく前日を過ごす

中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

自己ベストを出そう

中学受験 算数オンライン塾
1月30日の問題



にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ村



WEB学習システムは2週間の無料体験ができます。以下のサイトからご体験ください。
 https://ck.freedomsg.net/

最終更新日: 1/30/20, 5:38 AM
29Jan 2020
ただいま移動中
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 6年生の教室から

冬期講習明けから、各地で入試が始まり、埼玉、関西圏、千葉、と進んで、いよいよ2月1日に東京、神奈川の解禁日を迎えます。

首都圏の家庭は、子どもたちが中学から親元を離れるということはあまり経験されていないと思いますが、地方では割とあることなのです。別に公立であっても、家から通えないから、学校の近くに移り住むということはよくあるし、島には高校がないから外へ、ということもある。

だから、全国の中学を目指して受験をする、ということもあり得るのです。

例えばすでに関西圏の入試を終えて、何校か合格をしているとしても、最後、東京の学校の方が今後は良いかも、と思われるのであれば、東京・神奈川の入試を受けていく子どもたちはいるので、そういう子どもたちがこの数日、東京に向けて移動してきます。

これは関西の受験の時に、首都圏から関西圏の学校に受験するということでもあって、関西に移動していった受験生は少なくないのです。

昔は、塾の合格実績のために、塾が誘導するという面がありましたが、今は、ニーズとしてそういう傾向が強くなってきました。

特に地方の場合、首都圏や関西圏に互せる学校が少ないとなれば、やはり上の学校を目指して親元を離れる、ということは十分に考えられる。昔はそれが高校からであったのが、今は中学受験が主流になってきている。上位の学校は中高完全一貫で、高校入試を行わないところもあるので、ある意味その選択は妥当だと言えるのです。

これは海外でも同じで、やがて日本に帰国するということがはっきりしている場合は、親よりも先に子どもを受験で帰国させるのが普通。そういう子どもたちも先先をにらんで、全国の学校から受験校を選ぶようになってきているのです。

この時期、新幹線で移動する子どもたちの姿が目につくかもしれませんが、いよいよ2020の中学受験は最終局面を迎えます。



<


【NEW!】フリーダム進学教室からのお知らせ

2020春期講習のご案内


【NEW!】フリーダム進学教室からのお知らせ

2020 合格手帳2ー3月号を差し上げています。 無料です。
2020合格手帳2ー3月号申し込み【新5・6年生用】


【NEW!】フリーダム進学教室からのお知らせ

お母さんが帰ってくるまで、先生とオンラインで文章読解の練習をしよう

フリーダム進学教室新5年生国語読解コースのご紹介です。
新5年生国語読解コース


今日の田中貴.com

1点でも多く取る


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

油断しない

慶應進学館から

慶應湘南、女子志願者大幅増加


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ村

最終更新日: 1/29/20, 5:47 AM