14Apr 2017
テストに課題を設ける
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 5年生の教室から
これから、入試までたくさんの試験を受けるでしょう。

で、それぞれの試験に課題を設けて欲しいと思うのです。別に偏差値や合格可能性の話ではありません。

例えば、国語の問題で、大事だと思うところに傍線を引いて読んでみる。

先に国語の問題を見てから問題文を読んでみる。

算数の式をすべて書ききる。

式を書いたら必ず見直す。

そういうルーティンをすべて最初からやれるようにはなりません。したがってこの試験ではこういうことをやってみて、その結果から効果を測定するのです。

入試では1点でも多くとる必要があります。ミスをするのが一番もったいない。したがっていかにミスを出さないか、というのがひとつの大きな課題になります。そのためにいくつか決まり事を決めるわけですが、それを受験するテストで試していく。

そういう経験を通じて、自分なりのテストの受け方を決めていく。例えばイチロー選手が、打席に入るのにあるルーティンがあるでしょうが、それも長いことやっているうちに固まってくるものであって、ひとつひとつの所作にやはり理由があるはずなのです。

実践してみましょう。

=============================================================
5月13日 中学入試説明会 「学校別対策の考え方」のお知らせ
=============================================================

今日の田中貴.com
天体に関する問題



受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
与え方を考える

中学受験 算数オンライン塾
4月15日の問題


最終更新日: 4/15/17, 5:55 AM