15Apr 2017
テストの問題を教材として使い切る
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 6年生の教室から
これから子どもたちはたくさんのテストを受けるでしょう。

しかし、テストということになれば、当然のことながら、真剣に解く。何とか良い点数を取ろうと考えるものです。だからそれなりにがんばるわけです。

で、終わった答案や問題は復習しようね、といわれてはいるものの、それほど復習しているわけではないかもしれません。

これはもったいない。

テスト時間、子どもたちがフルに頭を使っている以上、問題に対する印象が強い。だから、そこから解き方を理解するとその問題を普通に解くよりもより理解が深くなっている可能性が高いのです。

次から次へと試験を受けていくと、そこまで余裕はないかもしれないが、それはやはり受けすぎという面が否定できない。

やはりじっくり復習ができるレベルにして、その代わりしっかりと教材として使い切って欲しいと思います。


今日の田中貴.com
6年生前半の比重のかけ方

受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
手を打つのを我慢する

今日の慶應義塾進学情報
ていねいに解く練習


最終更新日: 4/16/17, 5:55 AM