16May 2017
視覚効果を利用する
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 6年生の教室から
6年生になると、いろいろやらなければいけないことが増えるでしょう。テキストも数種類あったり、計算のドリルがあったり、漢字のドリルがあったり。これから過去問が始まり、統計も読まないといけないし、秋には時事問題集も出る。

だから、いつも何かに追われているような気がするものです。で、いろいろ手を広げると、どこまでやったのかわかりにくくなる。だから達成感も感じない。

そこで視覚から入る達成感を利用します。

例えば問題集も、ここまで終わったという印がわかれば、「結構頑張ったなあ」と思うでしょうし、暗記テキストもここまで覚えた、みたいなことが視覚的にわかれば、自信になります。

表を作って終わったところを塗りつぶしていくと、塗りつぶすのが段々楽しくなり、やがて「あと少しだ」という感じになってくると、達成感が出てきます。

計画も表にして、終わったところに×をつけていくと、これまた楽しい。

視覚効果を使って、達成感のある勉強にしてください。


今日の田中貴.com
過去問が遅い塾


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
ちょっとがんばる

中学受験 算数オンライン塾
5月17日の問題


最終更新日: 5/17/17, 5:55 AM