25May 2017
早く終わるものからやる
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 5年生の教室から
重要度の高いものからやる、というのは良く言われることですが、こと勉強に関して言うならば重要なものほど難しいところがある。

だから、重要なものから始めるとなかなか先に進まない。先に進まないと勉強の調子が上がらないので、本人としても気分が良くない、ということになります。

で、その日やることをある程度絞ったら、後は「早く終わるもの」から始めていくと良いのです。

そうすると、調子が出てくる。

「お、なんか今日は調子がいいな」

って口ずさむことがあったら、しめたものです。

自分ができる、と思うときは気持ちが前向きになるので、力が出やすいのです。

そうなるとその後待ち構えている難しい勉強も案外進み始める。

そういう調子の良い日が少しずつ増えていけば、成績も上がりやすくなります。

ある程度今日やるべき勉強を絞り込んだら、「早く終わる」ものから始めてぜひ調子を出させてください。


今日の田中貴.com
社会は好きだが、算数は嫌いな子の勉強法

受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
停滞期をどう乗り越えるか

今日の慶應義塾進学情報
頭の体操?


最終更新日: 5/26/17, 5:55 AM