14Jun 2017
子どもにやってもらう
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 5年生の教室から
子どもたちの部屋の掃除や教材の整理をお母さんがやっている、というご家庭は多いのではないでしょうか?

だって、ほっといたらやらないし。

しかし・・・

お母さんがやるとわかった以上、金輪際自分でやろうなどとは思わないものです。

これは、お母さんの仕事であって、自分の仕事ではない、となってしまうのです。

だからどこかで腹を決めて、子どもに言い渡さないといけない。これはあなたがやりなさい、と。

でもお母さんにも覚悟が要ります。やらなくても、決して、絶対に、手を出さない。

その結果としてどんな不利益が起ころうとも、子どもが自分でやらない不利益よりは小さい、と考えて手を出さない。

本人が困り、本人が何とかする、ということにならないと、先に進まないのです。

多少なりとも我慢が必要ですが、そういうところから自立性は生まれてくるものなのです。


今日の田中貴.com
第275回 個別指導のわな

受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
復習する時間がない?

今日の慶應義塾進学情報
知識問題


最終更新日: 6/15/17, 5:55 AM