22Jun 2017
式を最後まで書ききる
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 5年生の教室から
5年生は今週、おうぎ形の面積や周の長さの勉強をしています。

中学受験では円周率が3.14で処理されることがほとんどなので、3.14の計算をするために、3.14の九九を覚えて計算を便利にしたり、なるべく式をまとめて3.14の計算を1回に済ませるように練習しますが、その上で一番大事なのが式を書ききる、ということです。

例えば2つのおうぎ形の差を求める場合、それぞれのおうぎ形の面積を出して、引き算をする、という方法は当然無駄が多い。
差を求める式まで書いて3.14をまとめるように式を書くことで計算を楽にするわけですが、しかし、とはいってもそう簡単ではない。

子どもたちはまだ慣れていないので、式を短くしがちなのです。

で気が付くと小数の細かい引き算や足し算をしている。だから最後まで式を書ききる練習をしてもらっています。

今はまだうまくできないでしょうが、慣れてくるとコツがつかめてくるので、ていねいに問題を解いて練習していきましょう。


今日の田中貴.com
作業をする問題の増加

受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
勉強する動機

今日の慶應義塾進学情報
慶應の記述対策



最終更新日: 6/23/17, 5:55 AM