24Jun 2017
計算練習
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 5年生の教室から
円周率では3.14の計算をたくさんやりますが、しかしながら、この後、割合もあるし、速さもある。したがって分数や小数の計算をやらないといけない。これらの分野の出来不出来はある意味、計算力によるところが多いのです。

つまり、分数や小数の計算がそつなくできれば、これらの問題もわかりやすい。逆にそうでないと、なかなか苦戦するでしょう。

したがって小数、分数の計算練習をした方が良いわけですが、しかし、これが面倒だ。毎回10題やるなど、とんでもない。まあ、最後の方は面倒で、いい加減になることが多い。

いい加減な計算をすると、ミスがでやすい子になります。だから、たくさんやらせてはいけない。

それよりは絶対に間違えない計算をさせるべきです。計算練習は1回3題までで良いのです。その代わり絶対に間違えない。

間違えないためにはその場で見直すことが必要になります。だから2回、3回と計算をすることになる。そうすることで計算練習は積むし、絶対に間違えないコツが身につけばいいのです。

たくさんやっていい加減になるぐらいなら、数を絞って正確に解く練習に切り替えてください。


今日の田中貴.com
本番はやり直すわけにはいかない

受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
歴史の勉強は、おもしろいが・・・

今日の慶應義塾進学情報
標識に関する問題



最終更新日: 6/25/17, 5:55 AM