11Jul 2017
原作を読む
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 6年生の教室から
国語の文章は当然のことながら、途中で切れていることが圧倒的に多い。

もちろん紙面に限りがあるわけだから、物語も一部分しか出てこないが、それではピンとこない事も多いでしょう。

だから、機会があれば作品全部を読んでみてもいいかもしれない。

特に説明文は、何かきっかけがないと小学生はなかなか読み進むことができません。

だから、過去問に出てきた原作を手にしてみると良いのです。そうすると、自分がまったく考えなかったジャンルに読書の範囲が広がることになります。

出てくる問題文を片っ端から読む必要はありません。

ちょっと興味があれば、あるいは、おもしろうそうだと思ったら、原作を手にしてみると良いでしょう。

少しずつ読む範囲が広がってくることで、さらに読み込む力がついてくると思います。


今日の田中貴.com
講習の復習

受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
教えてもらってもできるようにならない

中学受験 算数オンライン塾
7月12日の問題


最終更新日: 7/12/17, 5:55 AM