13Jul 2017
国語の過去問は空欄を作らない
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 6年生の教室から
ある子の国語の過去問の答案を見ていたら、まあ、空欄だらけ。さすがに呼んで注意しましたが、本人はピンと来ていないようでした。

「だって、わからないんだから、仕方がないじゃないか。」

とそう顔に書いてあるわけですが、特に男の子の場合、「面倒だ」というだけで空欄になってしまうからです。

だから国語の過去問をやるとき、とにかく空欄を作らせない。

「え、わかんないよ。」

「駄目、答えを書くの。」

で、本人終わりたいから、やっぱり答えを書くのです。なんだ、書けるじゃないか、というのは良くある話。

時間を計る必要はないから、とにかく最後までしっかり答える練習をしましょう。


今日の田中貴.com
第280回 届く範囲

受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
夏は朝型へ

中学受験 算数オンライン塾
7月14日の問題


最終更新日: 7/14/17, 5:55 AM