03Aug 2017
理科は覚えることばかり?
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 5年生の教室から
5年生のこの時期はようやく、割合を算数勉強し始めているところなので、まだ理科計算をガンガンやるという時期ではない。

したがって理科は天体だったり、生物だったり、人体だったり、覚えることばかりが先行します。で、覚えることが嫌いな子はここで理科が嫌いになる。

おもしろくない、と思うのでしょう。

しかし、これはどうしても仕方がない。割合や比の扱いがじょうずになってからでないと、理科計算はできるようにならないからです。だから、覚えることがきらいなら、いまのうちはそんなに時間をかけなくても良いでしょう。どうせ、忘れるし。

受験前に知識は絶対覚えなければいけないのだから、6年生の2学期ぐらいに集中してやればいい。ただし、テキストを読んだり、授業を聞くことは大事です。少しでも頭に入っていれば、後から覚えるのはそれほど大変ではなくなる。まったく手をつけていない大変だから、覚えることよりも理解することに力をいれてください。



今日の田中貴.com
出る問題をじっくり考えればいい

受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
問題演習のメリット

今日の慶應義塾進学情報
浮力に関する問題


最終更新日: 8/4/17, 5:55 AM