10Aug 2017
1日中家にいるとき
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 6年生の教室から
講習の休みなど1日中家にいる日があるでしょう。さて、どの位勉強できるか。

そういう日は、とにかく午前中が勝負です。

どのくらい勉強できるか、ということになると子どもそれぞれですが、まあ8時間はやりたいところ。長い子だと12時間という子もいるかもしれませんが、まあ、なかなかそこまではいかないにしても8時間はがんばりたい。

で午前中にとにかく4時間がんばる。

例えば8時から正午までは一気に勉強する。これができると半分はやったことになるから、午後2時間、夜2時間で8時間になります。

しかし、つい午前中をだらだら過ごしてしまうと、勉強が進まない。

「お昼食べたらがんばる」

「夕食終わったらがんばる」

はなかなか難しい。暑い季節ですから体力を消耗する。疲れやすい。ので、朝起きてリフレッシュしたあとの時間がゴールデンタイムです。

朝4時間勉強できれば、そのペースがわかっているから、午後や夜の勉強も進みやすい。

ので、とにかく朝起きてすぐ勉強を始めましょう。


今日の田中貴.com
6年の夏以降も習いごとを続けるか?

受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
決めたことを実行する力

中学受験 算数オンライン塾
8月11日の問題


最終更新日: 8/11/17, 5:55 AM