07Sep 2017
試験の結果に一喜一憂しない
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 6年生の教室から
模擬試験の成績は、右肩上がりが良いのです。スタートが多少悪くても、入試が近づくにつれてどんどん良くなっていけば、子どもの気持ちも積極的になるし、12月で届かずとも入試のころには届いている場合もあります。

しかし、多くの子どもたちの成績は上がったり下がったりする。なかなか安定しない。試験になるとやはりミスが出やすい。わかっていたはずのものが、つい間違える。そういうことで、なかなか偏差値が上がっていかない。

で、親としてはつい成績が良くなると喜び、悪いとがっかりしてしまう。しかし、成績を見るだけで本人は十分にがっかりしているから、お母さんががっかりすると、さらに気持ちが下降線を向きます。

子どもたちはやはり一番距離の近い、お父さん、お母さんの様子が気になる。お父さん、お母さんががっかりしていると、「やっぱりだめなのかなあ。」という気になってしまう。

別にお父さん、お母さんが合否を決めるわけではないのだが、何となく、そんな気になってしまう子どもたちが少なくありません。だから、模擬試験の成績で一喜一憂してはいけないのです。

演じなくてもいいが、とにかく成績が良かろうが悪かろうが、狙うことには変わりがない。子どもの試験なのだから、親はドーンとしていないとだめなのです。

ドーンとしていれば、子どもは気持ちが落ち着く。とにかく、最後までがんばるんだ、みたいな気持ちにさせるのは、親があたふたしないことが一番。

したがって模擬試験の成績で一喜一憂してはいけないのです。


今日の田中貴.com
受験準備全体を把握する


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
点数がとれるまでにはまだ時間がかかる

中学受験 算数オンライン塾
9月8日の問題


gakkoubetsu



最終更新日: 9/8/17, 5:55 AM