12Nov 2017
やることをシンプルに
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 6年生の教室から
入試が近づいてきました。

冬期講習が終わると、埼玉、千葉、関西の入試が始まり、それが一段落したと思ったら、東京・神奈川の入試となり、その先には高校入試、大学入試と続いていくわけですが、まあ、いずれにしても受験シーズンが近づいているわけです。

したがって、残り時間でやれることは限られています。なので、ここで最後の学習計画をしっかり立てましょう。

あと、何をやるか?

私はここでは一点を取りに行くべきだ、と思っています。

つまり、1点でも多く取る工夫をする。

そのためには

1 知識を増やす。(暗記テキストをがんばる。)

2 試験のやり方を工夫する。(いかにミスを減らすか。読み間違い、計算ミスをなくすか。)

3 時事問題を勉強する。

3は学校によるでしょう。あまり出題されない学校であれば、考えなくてもいいと思います。

入試は僅差の勝負ですから、合格点付近にたくさんの子どもたちがいます。

その中でほんの数点で合格したり、補欠になったりするわけだから、1点でも多く取る工夫をすることが一番大事なのです。

漢字の書き取りはハネトメをしっかりやる。

歴史の知識も漢字でしっかり書けるようにする。

そういった細かいことを詰めていきましょう。

またどうしても不得意なことはもう一度時間をとってしっかり復習することです。いやだと思っている問題が出ると、弱気になってしまうから、なるべく不得意な分野は作らないようにする工夫も大事です。


冬期講習のお知らせ
新5年生、冬期講習のお知らせ

今日の田中貴.com
午後入試はやはりしんどい


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
最後に伸ばす子

中学受験 算数オンライン塾
11月13日の問題


gakkoubetsu



最終更新日: 11/13/17, 5:55 AM