18Nov 2017
読み終わらない場合
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 6年生の教室から
最近の国語の入試問題で採録される文章は割と長い。

したがってある速さで読み切らないと、問題が終わらないケースが多いのです。特に5年生の今は遅い。テストを受けても半分の問題は手つかず、なんてこともあるかもしれません。

ただ、それは練習を積み重ねていくウチにやがて速くなるものです。で、やってはいけないのは「速く読みなさい」と注意すること。

本人がダラダラと読んでいるならまだしも、本人なりにちゃんと読もうとしているところで「速く読め」と言われても手の打ちようがないのです。あとはすっ飛ばすしかなくなるわけで、そうなると読んでないから練習にすらならない。

だから急がせてはいけません。

ただ本人のペースで最後までしっかり読ませることが大事。読んで考えて最後まで答える。その訓練を積み重ねるごとに国語経験が積まれ、やがて読むスピードも少しは速くなるのです。

だから慌ててはいけません。


2018入会案内

今日の田中貴.com
落ち着いて読みなさい


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
そんなんじゃ、受からない、と言われても

中学受験 算数オンライン塾
11月19日の問題


gakkoubetsu



最終更新日: 11/19/17, 5:55 AM