21Nov 2017
記述問題の採点
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 5年生の教室から
WEB学習システムの弱点のひとつに、記述の採点があります。

システムが採点できるのはテキストか選択肢だけ。一字一句間違いない書き抜きならば採点できるが、自由記述は当然採点できない。

大学受験の統一テストで記述問題を採用したい、と思ったものの採点はやはり人間がしないといけないので、ここが大変なのです。

しかし、スタディールームはチューターが在室しているので、その場で記述の採点がしてもらえる。

これはやはりメリットのひとつです。記述は書かないとうまくはならない。しかし、書いて直してもらっていくと、どんどん上手になってくる。

なので、記述の出題が多い学校を受験する場合でも対策はしっかりとれるのです。もちろんスタディルームオンラインも先生が画面を共有しているので、同じように指導できます。

2018入会案内

今日の田中貴.com
ムリはしない

受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
遅い子は正解率で勝負

今日の慶應義塾進学情報
2018年慶應進学特別入会案内


gakkoubetsu



最終更新日: 11/22/17, 5:55 AM