30Nov 2017
国語読解のペースは崩さない
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 6年生の教室から
過去問の練習が続いていると思いますが、しかし、いろいろやらなければいけないことがあるので、今はどちらかと言えば、理科や社会、算数に力が入っていて、国語がおろそかになる場合があるかもしれません。

確かに、国語の読解はやってもそう変わらない、と思われるかもしれませんが、しかし、あるペースではやっておいた方が良い。例えば1週間に最低3回は国語の読解問題を解いている必要はあるのです。

たくさん増やすわけにはいかないかもしれませんが、国語はすべての科目の基礎になる部分。最近は社会や理科の問題でも文章が長くなっているし、国語自体も採録されている文章が長い。その分やはりしっかり読み取ることができないと、得点につながらない部分があるのです。

なので、入試まで一定のペースで読解問題を練習してください。もちろん、答え合わせもしっかりやる。答えの根拠は必ず文中にあるので、それを明確にできるようにしておきましょう。

冬期講習のお知らせ
新5年生、冬期講習のお知らせ

今日の田中貴.com
式を最後まで書ききる


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
朝型へ変える

中学受験 算数オンライン塾
12月1日の問題





最終更新日: 12/1/17, 5:55 AM