01Dec 2017
自分で勉強する姿勢を身につけるために
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 5年生の教室から
昔は、お母さんが家にいないと中学受験は難しいと考えられていました。

やはり子どもが自分ひとりでちゃんと勉強しないので、横についていないといけない、からです。塾で習ってきたことを復習する、あるいは過去問の内容を吟味する。お母さんが横にいて一緒に勉強するスタイルが一般的でした。しかし、今は大分事情が変わっています。

お母さんが仕事をされているご家庭が多い分、子どもたちはひとりで受験勉強しないといけないことが多くなった。

が、子どもがしっかりするのは、やはり受験前に限られる。だから6年生の夏休みぐらいまでは「やった」「やらない」でお子さんと言い争いになるケースが多いのです。

本人が自分でやらないと勉強にはならないが、やはりそれなりに強制的に勉強する環境は必要なわけで、それをどうするか、が問題になっているのです。

で、それを実現しようと考えたのがスタディールームです。都合の良い時間に来て、子どもたちはWEB学習システムを使って勉強しながら、先生が直接質問に答えたり、記述問題の採点をします。個別指導をもっと合理化、能率化したようなスタイルになっているわけですが、大事なことはもうここにきたら強制的に勉強するしかない。

だから、自分で勉強する姿勢が身についてくる。最後学校別バインダーで勉強するにしても、志望校の過去問をやるにしても、自分で勉強するのが当たり前になればさらに実力が上がる。だから、最初の段階では塾でお預かりすることにしたのです。

この方式はセンター北だけではなく、オンラインでもご利用いただけます。子どもが勉強するPCに先生がビデオ会議システムで現れて、となりにいる感覚で勉強できるからです。

現在センター北、オンラインとも体験授業を受け付けています。ぜひお問い合わせください。

お問い合わせはお電話で
045(530)5480
受付13時~19時


冬期講習のお知らせ
新5年生、冬期講習のお知らせ

今日の田中貴.com
地層に関する問題

受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
プラスに考える道

今日の慶應義塾進学情報
受験番号は気にしない





最終更新日: 12/2/17, 5:55 AM