08Dec 2017
子どもたちは暑がり
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 6年生の教室から
教室にやってくると、子どもたちは一様に「暑い」といいます。

教室は暖房が当然入っているわけですが、子どもたちが増えれば子どもたちが出す熱、というのがあって教室の温度は間違いなく上がります。

で、多少の温度調整はするわけですが、子どもたちはそれでも暑がる。半袖のTシャツ1枚で勉強している子もいます。

それはそれで良いのですが、大分寒くなってきたので、外に出るときは当然暖かくするべきなのです。

「大丈夫、平気平気」

と薄着で通す子もいますが、やはり外と内とでは相当な温度差がありますから、気をつけてください。


冬期講習のお知らせ
新5年生、冬期講習のお知らせ

今日の田中貴.com
中和に関する問題

受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
お試し受験は1校で十分

中学受験 算数オンライン塾
12月9日の問題





最終更新日: 12/9/17, 5:55 AM