15Dec 2017
バランスの悪さを改善する
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 6年生の教室から
模擬試験の結果を見ていると、科目のバランスが悪い子が結構いるものです。

例えば算数はいいが、国語は悪い。社会はいいが、理科は悪い。これはやはり文系理系の好みが出ているケースでしょう。

しかしそれだけではない場合も少なくありません。

例えば、理科の化学と物理の範囲はいいが、地学と生物はだめで、かつ社会も歴史がだめ、という子はやはり暗記が不得意だ、ということになるでしょうし、また記述問題になると点数がまとまらない、というような特徴が出てくる子もいるでしょう。

こういうバランスの悪さが不利になるところはあります。

例えばせっかく算数ができたのに、国語と社会ができなくてアドバンテージを利用できなかった、ということはあるのです。

残りの時間、多少なりともこのバランスの悪さは解消していきましょう。つまり、不得意なことを多少なりとも埋める。

そんなことを言っても、今までできなかったものがそう簡単にうまるわけがない。

その通りなのです。

でも、それでも何もしないよりはした方が良い。

科目のバランスの悪さは、悪いところが特にひどく出る場合があるからです。なので、少なくとも基本的なことはある程度できる、ということにしておいた方が良い。

覚えるのが下手でも、とにかく繰り返し練習して、覚える。

力学が得意でなくても、基本と思えるところだけでもできるようにする。

そういう数点の積み重ねが合格点につながります。

最後まであきらめずに準備していきましょう。


冬期講習のお知らせ
新5年生、冬期講習のお知らせ


今日の田中貴.com
生物に関する問題

受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
一文を短くする工夫

慶應進学特別から
前日の宿泊





最終更新日: 12/16/17, 5:55 AM