25Dec 2017
睡眠時間を削っても
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 6年生の教室から
夜遅くまで勉強している子がいるかもしれませんが、もう冬休みですから朝型に切り替えて、睡眠時間を確保してください。

夜遅くまで勉強して、朝早く起きる、というのは不可能です。

朝早く起きる以上、夜は早く寝ないといけない。

子どもは睡眠時間が不足すると明らかに、集中力がなくなり、勉強する効率が落ちます。

横で見ていても、はっきり眠そうな様子が出てくる。

眠いと、いくら考えようとしても頭は働きません。つまり、やった勉強があまり残らないので、後に役に立たないのです。

だから、小学生の場合、睡眠時間を削ってはいけないのです。

受験生だから・・・、というイメージにとらわれすぎないようにしてください。

フリーダム進学教室2018入会案内

今日の田中貴.com
危機感

受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
不安なところは

慶應進学特別から
鉄道と高速道路に注意





最終更新日: 12/26/17, 5:55 AM