06Jan 2018
手を引っ張るのではなく
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 6年生の教室から
入試会場に入ったら、もう、一人でがんばるしかない。

回りに知っている子はまったくいないかもしれません。

でもそれは、みんな同じ。

それで自分の力を出し切れればいいわけです。

これまでいろいろ手をかけて育ててきたわけですが、いよいよ本人の力が試されるわけで、これからさらに成長していくステップだと思います。

もちろん、まだまだ足りないところはあるのだけれど、それでもこれからどんどんたくましくなってくるわけです。

それを楽しみにしていましょう。

もう手を引っ張っていくのではなく、後ろから眺めている時代に入ったと思ってください。


今日の田中貴.com
自分が知っていることを使って解けばいい

受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
直前期の学習

慶應進学特別から
慎重に進もう





最終更新日: 1/7/18, 5:55 AM