18Feb 2018
語彙を増やすには
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 5年生の教室から
中学入試の国語の読解問題と、公立高校の国語の読解の問題を比べると、実はそんなに違いはありません。

やはり、公立高校はやさしいのね?

いえ、違います。小学生用の文章というのが、実は大変に少ない。

物語文はまだ選択肢があります。しかし、説明文とか論説文になるとこの数はかなり減ってしまう。勢い、高校入試と同じような文章を採録して問題を作ることになるのです。

で、問題はこのレベルの文章を読み解くのに、子どもたちの語彙が基本的には不足すること。

もし読書をしなければ、子どもたちの語彙は基本的に耳から入ることばで構成されていきます。つまり、親とか子どもたちどうしの会話から語彙が増えていく。だからいわゆるギャル語は同世代の中で広がっていくもので、その範疇だけで会話をしている限り、あまり語彙は増えていかない。

だから読解練習が必要だし、読書も大事なわけですが、ただ、読んだって、実は語彙は増えていかない。もちろん語彙に触れる機会は増えるのですが、正しい意味を理解しないまま、何となく意味を覚えていく。例えば「気が置けない」は、何となく悪い意味にとりやすい。「用心しないといけないような相手」という意味に捉えてしまいがちですが、本当はその逆なのです。というように間違って覚えてしまいやすい。

じゃあ、辞書を引くかと言えば、国語辞書はあまり便利にできていない。これは良くお話をすることですが、Aという言葉を調べるとBと出て、Bを調べるとAと出るようなことが起こるから解決しない。しかも今、国語辞書をせっせと引くような余裕を子どもたちは与えられていないでしょう。どんどんやらないと宿題が終わらない。

で、お父さん、お母さんにここは手伝ってほしいといつもお願いをしています。

つまり、横で一緒に本文を読んで、これは知らないだろう、と思うことばはどんどん教えていく。

辞書を引きなさい、なんて言わない。もう片っ端から教えていく。そうやって、大人と会話することが大事なのです。

なぜか?

子どもは耳から語彙を増やすからです。これはギャル語と同じ構造。耳から聞き、その音を聞いて、またそれを使うことによって語彙が増える。

「これはこういう意味だよ」
という会話はそれ自体が子どもたちの記憶に残る一番の方法であるからです。

お父さん、お母さんはお忙しいと思うのですが、ぜひ国語の読解の時は一緒に勉強してあげてください。

2018年合格実績

スタディールーム、GHキャンセル待ち受付

フリーダム進学教室無料体験実施中です。




今日の田中貴.com
原理を理解する

受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
まじめに勉強する子

中学受験 算数オンライン塾
2月19日の問題





最終更新日: 2/19/18, 5:55 AM