25Feb 2018
カリキュラムのある個別指導
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 5年生の教室から
個別指導というのは、一般的には集合授業のフォローになります。

したがって、集合授業に行きながら、また別に個別を受けるから、塾に通う時間は増える一方ですし、集合授業についていけない、という点ではその時間がロスになっているところがあります。

最初から自分のペースでカリキュラムを理解できればいいわけですが、どうしても集合授業が中心になるし、集合授業をまず優先する傾向が強いでしょう。

しかし、勉強の効率を考えたら、最初から個別で指導した方が時間効率は上がります。なので、フリーダムではカリキュラムを決めて、それを個別に勉強することにしています。

早く進めればそれでも良いし、テーマによって時間をかけた方が良ければ、それなりに時間をコントロールしながら、勉強する時間を増やしたりします。

この方法をやり始めてみると、全然効率が良い。集合授業が優先されるのは、1人の講師から複数の生徒が習う経済合理性から、という面が強いのですが、これは塾側の論理であって、生徒はやはり個別に見てもらった方が効率が上がるに決まっているのです。

個別指導をされている先生方の指導が、いろいろな集合授業で左右されるより、最初からカリキュラムを教えていった方がより効率が上がると思えるところはあるので、先生方にもWEB学習システムをご利用いただければと思います。


今日の田中貴.com
受験準備期間は長くなったが

受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
決めたことができない子

慶應進学特別から
普通部の算数は記述式





最終更新日: 2/26/18, 5:55 AM