13Mar 2018
範囲のない試験へシフトする
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 6年生の教室から
フリーダム進学教室 春期講習のお知らせ

春期講習A-2.E-2.D-2キャンセル待ち受付のお知らせ

フリーダムの月例テストは6年生の7月まで続きます。しかし、それ以降はいろいろな模擬試験に参加します。入試は何が出るかわからない。また入試会場に行けば、だれも知らない、ということは普通に起こるわけだから、そういう環境に慣れて、自分の力が発揮できるように練習する。

そろそろカリキュラムが終わった塾もあるでしょう。せっかく早く終わったのだから、ここからは範囲のない試験を意識するべきです。

何が出るかわからない、という試験は別に一夜漬けをする必要もない。

今の力でどのくらい解けるのか、ということをシンプルにはかった方が良いでしょう。偏差値というのは、本来、範囲のない試験の中で考えるべきなのです。範囲のある試験と範囲のない試験では成績の出方は微妙に違う。

やはりその場での対応力があるかどうかが、入試では分かれ目になるところはあるので、その練習を少しずつ積んでいきましょう。

フリーダム進学教室無料体験実施中です。



フリーダム進学教室 新連載 学校訪問シリーズ
第1回 洗足学園中学

今日の田中貴.com
集団授業のストレス

受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
覚悟ができない子

慶應進学特別から
4月13日慶應入試対策説明会のお知らせ





最終更新日: 3/14/18, 5:55 AM