08Apr 2018
算数は納得して進むべき
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 5年生の教室から
5年生はこれから毎週毎週新しい単元がやってくるでしょう。ひとつひとつが大事な内容で、さらに割合や比につながっていきます。

月例テストや組み分けテストがあると、どうしてもなるべく多くの点数を取りたいから、社会の暗記をやったり、漢字の練習をしたりということが中心になりやすい。

もちろんそういう勉強も大切ではありますが、だからといって算数が十分に納得できていないのは問題でしょう。

算数は特に積み重ねていく科目で、例えば倍数約数がわかり、それが分数につながり、割合や比に発展していく。したがってそのひとつひとつが十分でないと、あとがさらに不安定になり、最後よく分からなくなったりするのです。

5年生のこの時期、組み分けなどで十分に算数の時間が取れないのはあまり良い傾向ではない。むしろ多少なりとも他の教科の時間を削ってでも算数をしっかりやり、かつ納得してから次に進むのが望ましいのです。

毎週カリキュラムがあるので、そのペースで進まなければいけないと考えがちですが、妙に慌てて内容がいい加減にならないようにした方が良いのです。

トータルの勉強時間は限られているので、優先順位をしっかり決めて、算数の理解を積み重ねてください。


フリーダム進学教室 新連載 学校訪問シリーズ
第2回 東京都市大等々力中学

今日の田中貴.com
過去問から優先順位を決める


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
志望校が決まらない子

慶應進学特別から
慶應進学特別がスタディールームオンラインで受講できるようになりました。





最終更新日: 4/9/18, 5:55 AM