29May 2018
優先順位は子どもによって違う
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 6年生の教室から

=============================================================
フリーダム進学教室 夏期講習のお知らせ
=============================================================
塾のカリキュラムが早くなったので、この時期は大方復習のカリキュラムになるわけですが、しかし、本当は復習すべき優先順位は子どもたちそれぞれで違います。

それこそこれまでのデータを調べてみれば、例えば「速さ」が苦手だ、とか、立体がよくわからない、とか、科目ごとに得手不得手が出ているだろうと思うのです。

で、不得手なところはどんどんやっていった方が良い。

別に夏休みまで待つ必要はありません。過去問も同じ。すでにある程度志望校が決まっているのであれば、もうどんどん始めて行った方が良い。

本来、教える側がからすれば、全員、同じことを勉強させる方が効率が良いわけですが、これは教える側の論理であって、教わる側の論理ではない。

出来ないところは子どもたち、それぞれで違うし、また目標もそれぞれ違うわけだから、優先すべき内容はいろいろなはずです。今まで習っていなかったことを勉強するという意味では、同じことを勉強する、で良いわけですが、すでにすべてのカリキュラムが終了しているのであれば、復習まで同じようにする必要はない。

何を優先すべきなのか、しっかり整理をしていきましょう。

=============================================================
フリーダム進学教室学校別入試対策説明会のお知らせ
=============================================================


フリーダム進学教室 新連載 学校訪問シリーズ
New第3回 桐光学園


今日の田中貴.com
まだあきらめるのは早い


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
ていねいに解くために量を絞る


慶應進学特別から
物語文の読解が不得意な原因



にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ村

最終更新日: 6/4/18, 2:37 PM