29Jan 2017
やり込む感覚
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 5年生の教室から
6年生になって大事にしないといけないのは、自分から「やり込む」感覚で勉強する、ということです。

やらされてはいけない。やらされると、やり込むことはできないからです。

あくまで自分でやり込む。例えば「電気」の問題が今ひとつわからない。あるいは、意味がよく分からない。

そういうときに、そこに集中して「やり込んでみる」。

テキストをもう一度見返す。参考書を見てもいい。あるいは、授業のノートを見返してもいい。そして、問題を解く。問題を解いて、なぜそうなるか徹底的に考える。

できる限り問題を解いた方が良いが、だからといって終わらせる感覚になってはいけない。もう少しやってみよう、ぐらいのところで進んだときにやりきる感覚。

そういうものが積み重なってきて、初めてわかるようになる。「もうできる」と思えるようになってしまうまでやり込むのが良いのです。

今の子どもたちはどうしてもやらされることが多い。だから自分でやり込もうという感覚が薄い。

それが逆に時間ばかりかかっているが、いっこうにできるようになっていない、という現象を生むのです。

そろそろ勉強に対する考え方を変えていく時期に入ってきたので、「やり込む感覚」を経験して欲しいと思います。


今日の田中貴.com
慎重に読む

受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
あっという間に寝る子

今日の慶應義塾進学情報
2017年出願数


2017年度募集案内

最終更新日: 1/30/17, 5:55 AM