05Aug 2018
夏休みの勉強で最も重要なこと
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 6年生の教室から
6年生の夏は、確かに力がついてくる時期ではありますが、力を伸ばす子にはいくつか特徴が有ります。

ひとつは、志望校が明確になっている。ここに入りたいから、勉強しているんだ、というのは非常にシンプルな分、メンタルとしては十分でしょう。

もうひとつは、問題意識。

何ができるようにならないといけないか、が明確になっている。例えば、記述が書けるようにならないといけない。速さの問題を克服できないといけない、電熱線と発熱のところを確認しないといけない、などなど。

目標があって、次に何ができなければいけないか、がわかっていれば、当然現状と合わせて何をできるようにするか。

ここがはっきりしていれば、やることもシンプルになるでしょう。

ただ、それ以上に大事なのが「じっくり考えること」です。

夏休みはどうしても量をやる、ということになりやすい。もちろんそれは大事なことではあるのですが、量をやろうとしてひとつひとつがいい加減になっていたのでは、まったく意味がない。

出来ない問題をじっくり考えること、これをしっかりやらないと考える力は身につかないのです。

これからお盆休みに入る塾も多いでしょうから、急がず、ていねいに学習してください。

今日の田中貴.com

第336回 学習管理を誰がやるか


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

応用力は平面図形から


慶應進学特別から

願書配布
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ村
最終更新日: 8/5/18, 8:36 AM