18Aug 2018
出題の勘所を体得する
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 6年生の教室から

過去問を解き慣れてくると、だんだん問題のレベルがわかってきます。

こういう問題はなかなか出ていない、という感覚がわかってくる。だから、模擬試験などでも、そういう問題には手を出さなくなるところがあるわけですが、それはそれで正しい。

何が出ても大丈夫、というのはかなり上のレベルの話であって、概ねこのくらいの問題はできてほしいと思うラインがそれぞれの学校にはある。

それ以上の問題を出しても、ほとんどの受験生ができないわけですから、そうするとその学校の入試問題としては適さない。差がつかないわけですから。

だから、概ねその学校の入試問題というのはあるレベルに収束してくる。その感覚が子どもたちにもやがてわかってくるわけです。

逆に言えば、できなければいけない範囲もわかってくる。これは絶対にできないといけない。まさにその通りであって、そういう問題を確実に得点できるように、これから練習を積んで欲しいと思います。


今日の田中貴.com

第338回 併願校の絞り込み


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

塾の囲い込みから脱却する


中学受験 算数オンライン塾

8月18日の問題

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ村
最終更新日: 8/18/18, 3:59 AM