27Dec 2018
僅差の勝負を制するポイント
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 6年生の教室から
New フリーダム進学教室 2019 入会案内

入試は本当に僅差の勝負になります。

入試が終わった後、中学校の先生から入試資料を見せてもらうことがありましたが、成績表は本当に同点で多くの子どもたちが並んでいる。

特にボーダーライン付近は密集していてあと1点、2点足りないという子どもたちもたくさんいます。

で、こういう僅差の勝負を決するポイントは実はやさしい問題なのです。

難しい問題はやはりできる率が高くはない。みんなできないので、ある意味競争には影響がない。しかし、やさしい問題はできる子どもたちが多いので、そこで間違えると引き離される。

計算間違い、勘違い、問題の読み間違い、諸々の原因で本当はできたはずの問題ができない、ということになると僅差の勝負に負けることになるわけです。

だから、この時期、とにかくやさしい問題を間違えないようにしっかり練習することが大事です。

問題をよく読む、答えが出たらもう一度確認する、きれいな字を書く(自分の字を読み間違える子の何と多いことか)。

注意すべきことを徹底していきましょう。

新年度の無料体験学習を受け付けています。詳しくはお電話でお問い合わせください。
電話045ー530ー5480(受付時間:平日13時~19時)

全国どこでも、自宅でできるオンライン個別指導「スタディールームオンライン」



【無料】冬の合格手帳(6年生は受験直前号)、差し上げます。


今日の田中貴.com

今年の重大ニュース


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

オンライン個別指導とテレビ電話


慶應進学館から

中等部の自己紹介と志願理由


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ村

最終更新日: 12/27/18, 2:15 AM