16Jan 2019
習い事を諦めない
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 6年生の教室から
新学年が始まると、どうしても習い事をやめなければいけない、という制約が出てきます。

実際に週2日とか3日とか塾に通うようになれば、サッカーの練習にはいけないし、日曜日の試合もままならない。じゃ、ここでやめようか、という話は多いだろうと思います。

しかし、全部は無理でも何とか続けられるものは続けた方が良いのです。

今の子どもたちは遊ぶ環境が制限されています。公園でもバットは振れないし、サッカーボールはけってはいけない、みたいなことが多いので、やりたい遊びもままならない。

それで塾や勉強ばかりでは、子どものストレスは大きくなるばかりです。

いろいろな工夫は必要ではないかと思うのです。スポーツや習い事は子どもの成長には非常に役立ちます。体の健康にもつながるし、音楽や絵は情操教育としても良いでしょう。

単にやめてしまう、というのはできるならば避けたいところだと思うのです。

これまでせっかく続けてきたことは、子どもたちの成長にとって間違いなくプラスになることです。

だから、受験勉強をなるべく両立を図っていくことが望ましい。またどうしても団体競技が難しくなるのであれば、個人スポーツにしてもいいかもしれない。

6年生の夏休みぐらいまでは何とか続けてもらいたいと思います。

フリーダム進学教室では新年度の無料体験学習を受け付けています。単科のオンライン個別指導も承っていますので、詳しくはお電話でお問い合わせください。
電話045ー530ー5480(受付時間:平日13時~19時)

全国どこでも、自宅でできるオンライン個別指導「スタディールームオンライン」


今日の田中貴.com

上がったり、下がったり


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

5年生の摸擬試験


慶應進学館から

普通部の生物、今年は?


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ村

最終更新日: 1/16/19, 6:13 AM