22Feb 2019
教えるのを我慢する
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 6年生の教室から


新6年生の授業で、なるべく教えるのを我慢しています。

子どもたちにも、まずは自分で答えを出すように、指導しているわけですが、もちろん個人差があり、早くからギブアップしてしまう子と粘る子に分かれる。

粘っても答えられないのであれば、教えてしまった方が効率が良い、と思われがちですが、最初によく考えてくれないと、教えても覚えない。

苦労して、いろいろ試したけれど、うまくいかず、という状態になれば、初めてわかりたいと思う気持ちが本当に強くなるので、教え始めるとみなまで聞かずにまた解き始めることが多いのです。

これが算数の力をつけるコツです。

だから、なるべく自分で答えを出すように心がけています。たくさんの問題を解くことばかり考えない方が、確実に力をつけてくれます。


フリーダム進学教室無料体験実施中です。


今日の田中貴.com

第365回 組み分け試験のストレス


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

小学生らしい生活を大事にしたい

中学受験 算数オンライン塾
2月22日の問題


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ村



WEB学習システムは2週間の無料体験ができます。以下のサイトからご体験ください。
https://ck.freedomsg.net/
最終更新日: 2/22/19, 5:43 AM