27Feb 2019
継続は力
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 5年生の教室から

漢字でも計算でも、暗記でも、そうなのですが、とにかく少しずつしかし毎日にやる、ということは飛躍的に力を伸ばします。

例えば1日3題の計算を毎日やれば1年で1000問以上の問題を解くことになる。

1日4個のことがらを覚えれば、1年で1500近くのことが覚えられることになる。

つまり少しずつ、しかしずっと継続することができれば、実は大変なことができるのです。一気にたどり着くことはできなくても、少しずつ目標には近づいていくことなる。

WEB学習システムでも同じで、毎日少しずつ本科バインダーや学校別バインダーから問題を解いていくことができます。ログインして、蜘蛛の巣グラフの達成度が低いところから、問題を解いて練習していくと、グラフがじわじわ変わってくるのです。

この蓄積が最も大事なのです。問題を分けて、少しずつ解決していくと、最後に全部解決する、ということは結構あるもので、そういう意味で継続する力を養って、その効果を知ることができれば、子どもたちの人生はまだまだ長いので、いろいろなことができるようになるでしょう。

まず1つ、毎日やる、という習慣をはじめてみましょう。

漢字でも、算数の計算でも、あるいは学校別バインダーでも、蓄積がやがて大きな力を培ってくれます。


今日の田中貴.com

算数記述、出題の狙い


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

夜更かしの生活になっていないか


慶應進学館から

慶應3校を全部狙う


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ村

最終更新日: 2/27/19, 4:32 AM