17Mar 2019
目標を細分化する
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 6年生の教室から
春休みが終わると夏休みまで、それほど大きなペースの変化がなく、毎週淡々とカリキュラムが続いていきます。

だから組み分けテストや模擬試験もつい、偏差値だけ、順位だけ、を見てしまう傾向になりがちです。本当はもっと細かい目標を立ててやる方が良い。

せっかくカリキュラムが早く終わったのであれば、学校別の対策を少しずつ盛り込んでいくのもいいでしょう。

例えば国語の問題をていねいに解いていくとか。あるいは、算数の問題を毎週3問ずつ解いていくとか。

まだこの時期、時間を計ってやってしまうと、全部の問題ができないことが多いので、時間を気にせず解いていく方が良いのです。

途方もない目標は立てる必要はありません。むしろ毎月、具体的な目標を作り、クリアしていくことで、淡々としたペースにメリハリがついてくる。

合格手帳もぜひ利用してください。

4月から全部で13週ありますので、この13週を充実した時間にしてもらいたいと思います。

そういう目標を毎月しっかり立てていきましょう。

フリーダム進学教室無料体験実施中です。


今日の田中貴.com

第一志望の学校別傾向から受験準備を考える


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

子どもの志望校が思わず高かったとき


慶應進学館から

男子の3校受験


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ村

最終更新日: 3/17/19, 1:10 AM