12Apr 2019
眠いのには理由がある
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 6年生の教室から


子どもは、背がグン、と伸びるときがあります。

こういう時は大抵、眠い。やはりそれだけ体の成長が活発なので、睡眠を求めている、ということになるのでしょう。

結果として、なかなか勉強ができない、という面が出てくる。

眠い目をこすりながら、ガムをかんで、何とか課題をやり切ろう、と思いつつ、でも机にうっぷしてしまうこともあるのではないでしょうか。

結局、こういう時の勉強はまず、残っていない。一夜漬けとわけが違うのです。一夜漬けなら、次の日が試験だから、そこまで持てばいいのですが、こと、入試に対する勉強としてはあまり効果がない。

小学生でずいぶん遅くまで起きて勉強していても、あまり効果がないのは、やはりすでに脳や体が疲れ切ってしまっているからでしょう。

だから、やはり寝てしまうのが良い。

朝起きて勉強する、というのは一度休息して体から、俄然効果が違います。

最近の子どもたちはつい、大人が遅くまで起きていることもあるので、宵っ張りになっていますが、やはり子どもの成長に睡眠は不可欠ですから、寝るべき時間はしっかり確保した方が良いでしょう。

受験勉強で睡眠不足になってくると、つい子どもがイライラしたり、逆にぼーっとしたりしやすいものです。

うまく休息をしながら、集中して勉強した方が良いでしょう。


今日の田中貴.com

記述を空けない


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

やる教科を絞る


慶應進学館から

地方から慶應を狙う


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ村

最終更新日: 4/12/19, 5:58 AM