20Apr 2019
教科バランスをどう考えるか
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 6年生の教室から
摸擬試験を受けてみると、各科目の偏差値がばらばら、という子どもの方が多いものです。

4教科とも偏差値がだいたい並ぶ、という子はあまり多くはない。ある科目はまあまあだが、ある科目は悪い、というような凸凹がだれにもあるでしょう。

で、当然のことながら、これをならしていかなければいけないのですが、今の時期はまだ伸ばせるものを先に伸ばした方が良いでしょう。

例えば算数が偏差値が55で、国語が45ぐらいのお子さん。こういう子は男の子には多いのですが、国語を上げるよりも算数を60にもっていくことを考えた方が良いのです。国語はもちろん、勉強するのですが、だからといってそう簡単には上がらない。それよりも算数の力を伸ばして60という基準で学校を考えられるかどうか、の方が今は必要です。

45をまず50にしよう、ということになるとどうしても考えの水準が50になってしまいがちになる。まずは良い科目をどこまで伸ばせるか、ということでそれがまず伸びたところで、その後、そのレベルに向けて他の科目を夏休みから引き上げる、というプランで考えると良いでしょう。


今日の田中貴.com

組分けテストや摸擬試験は入試ではないから


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

切り替える子


慶應進学館から

文章を書き慣れる


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ村

最終更新日: 4/22/19, 5:44 AM