06May 2019
連休明け
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 6年生の教室から


連休あけの1週間は、まずペースを取り戻すことが大事です。ここから、夏休みまで割と淡々とスケジュールが続きますが、まずは計画をしっかり立ててください。

何をやるか、何をやらないか、をしっかり分類していく必要があります。特に6年生は、すでにカリキュラムが終わっている科目も多くなっているので、過去問などの学校別対策を始めたり、知識の暗記を少しずつ進める必要があるかと思うのですが、逆にあれもやらなければいけない、これもやらなければいけない、という気になってしまいがちです。

今の時期はまだまだじっくりと力を培う時期ですから、例えば国語の読解問題などをがんばってほしいと思うのです。一方であまり目先の組み分け試験対策に追われない方が良いでしょう。

そろそろ算数と国語は、ある程度得点が取れる、というところになってもらいたい部分があります。ミスをしたり、選択問題で間違えたり、というのはなるべく少なくしていくことが、大事。

とはいえ、なかなか点数がまとまらないから、つい暗記で点数を取ろうとしてしまうのですが、しかしもうそこははっきり卒業してしまった方が良いのです。

受験勉強は受験校合格のためにやるので、その部分の意識を大きくしていってもらいたいと思います。


今日の田中貴.com

算数の出題傾向に合わせる


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

私立から公立に戻る子


慶應進学館から

~クラス以下からは合格者はいません、と言われるが・・・。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ村

最終更新日: 5/6/19, 1:40 AM