24May 2019
「終らせる」では力がつかない
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 6年生の教室から

2019年度夏期講習のお知らせ

この時期はあまり塾の方でイベントがないので、毎週決まったペースで勉強が進んでいくわけですが、こういう時に、あるわなに陥ってしまうことがあります。

毎日、決まった勉強を終わらせるために勉強するようになるのです。

特に塾の宿題が多いと、宿題が終わることが重要になってきます。やっていかないと、先生に叱られるかもしれない。だからとにかく終わるために勉強をするようになってしまうのです。

このわなに陥ると、成績はぜんぜん上がりません。

「勉強しているのに、成績が下がる」ということが起こってしまうのです。なぜでしょうか?

問題を考える、とかしっかり文章を読む、ということに注意が行かなくなるからです。わからなくても、何となく答えを書けば、まあ問題は終わります。

しかし、それではまったく考えたことにならないし、できるようになるはずがないのです。そういう無駄な勉強をしている子が案外多い。特にあれも、これもとやらせてしまうとこのわなに陥ります。

まずは一問一問しっかり考えることが大事。力をつけるために勉強していることを子どもたちが忘れないようにしてください。


今日の田中貴.com

筑波大付属、科目変更へ

受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

長い問題文

慶應進学館から

配点の違い


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ村

最終更新日: 5/24/19, 5:39 AM