06Aug 2019
6年2学期から預かる子
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 6年生の教室から

6年の2学期から塾にやってくる子どもたちがいます。

それぞれ、課題を抱えているから、それを解決するためにやってくる。ダブルスクールになる場合もありますが、大事なのは課題を克服する時間があるかどうかだけです。いろいろなアプローチから勉強することは悪くはないわけで、その中でどう課題を克服していくかを考えます。

例えば算数の記述。

確かに算数はそれなりにできるのだが、実際に説明を書いてみると、整理できていない。しかも時間がかかってなかなか要領を得ない。これはこれでやはり特訓しなければなりません。

過去問を解きながら、どう書けば時間をかけずに要点を整理して書けるのか、練習していく。まず最初はメモみたいな段階から始まりますが、それでも少しずつ説明を加えられるようになってくると、それなりにしっかりした答案に仕上がっていく。

国語の記述も同じでしょう。今まで全然書けなかった子も、過去問を練習し始める頃から段々に「書くことに対する抵抗感」がなくなってきて、だんだんポイントをつけるようになってくる。

それぞれの課題は、入試までに確実に解決していかなければなりません。

合格するためにいったい何をするのか、具体的な課題をまず決める必要がありますが、それをどうクリアするか、具体的な対策を考えてあげれば、まだまだ伸びる子どもたちは大勢います。

ぜひ一緒に考えていきたいと思います。



2019年度夏期講習のお知らせ


無料の学習相談、進学相談受け付けています。

お問い合わせ電話番号
045(530)5480
平日13時~19時
土日13時~17時

今日の田中貴.com

問題にのまれない

受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

わかっていない答案

慶應進学館から

「家庭での活動」のヒント

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ村

最終更新日: 8/6/19, 7:10 AM