12Sep 2019
これからは入試に出る問題を学ぶので
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 5年生の教室から


5年生の2学期からは、算数と理科が難しくなります。

算数はすでに比と割合から、速さ、相似形と進んでいますが、理科も化学や物理の理科計算の分野が続きます。

算数で比と割合を習わないと、理科計算の学習ができないので、それがようやくできるようになる、ということで理科は理科計算の単元ばかりになるのです。

で、大事なことは、この範囲がまさに入試で出題されるところだ、ということです。

4年生や5年生の1学期までは、入試に出る範囲というよりは、それを解くための基礎的な力を養う範囲でした。しかし、これからはまさに習う問題が直接、入試に出る、ということになります。

したがってここから本格的にしっかり勉強する必要がある。

ところが、この段階でもうくたびれてしまっている子どもたちが最近多く見受けられるのです。さらにむずかしくなるなんて、もう無理、と子どもたちは言っているかもしれません。

逆に言えば、ここからしっかり力をつければ入試に十分対応できるようになるので、やり方を考えましょう。これまでのやり方でうまくいかなければ、ここで切り替えてしまえばいいのです。

まだまだ子どもたちの力は伸びますが、環境の与え方によっては、やる気を削いでしまっているところがあるので、改めて受験体制の組み立てを考え直しても良い時期だと思います。


Newフリーダム進学教室からのお知らせ

2019年度6年生後期授業案内

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
無料の学習相談も承っていますので、お子さんの学習でお困りのことがありまし
たら、お問い合わせください。
学習相談は中学受験について、すべて承っています。
お問い合わせはメールもしくはお問い合わせフォームよりお願いします。
メール info@freedomsg.net
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


今日の田中貴.com

第394回 できること、できないこと

受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

運動会の練習

中学受験 算数オンライン塾
9月12日の問題


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ村



WEB学習システムは2週間の無料体験ができます。以下のサイトからご体験ください。
https://ck.freedomsg.net/

最終更新日: 9/11/19, 11:17 AM